今年最初の院内勉強会

月に1回、院内勉強会を行っています。
今年最初の院内勉強会を行いました。

今回のテーマは患者さんが治療中に気分が悪くなった時に疑う病状についてです。
副院長の酒向先生が担当しました。
酒向先生は、私の母校の東京歯科大学を卒業して、、慶応義塾大学病院の口腔外科出身で、口腔外科のスペシャリストです。

病状を6つのに分けました。
脳貧血
過換気症候群
迷走神経性発作
脳卒中(脳梗塞および脳内出血)
心不全(虚血性心疾患 心筋梗塞および狭心症)
アナフィラキシーショック(気道狭窄)

それぞれの病状と対処を勉強しました。
今回の勉強会も大変に勉強になりました。
酒向先生ありがとうございました。

院内勉強会 小児歯科

月に1回、院内勉強会を行っています。
歯科衛生士からは、フッ化物応用についての発表でした。
虫歯予防にフッ化物は効果があり、多くの歯磨き粉にはいっています。
島田歯科医院でも虫歯予防にフッ化物を使っています。
そのフッ化物について勉強しました。

副院長の酒向先生からは、いざという時の子どもの応急処置についてでした。
酒向先生は、慶応大学病院の口腔外科出身ですので、口腔外科のスペシャリストです。
子どもの治療で、二人しかいない時の設定で、実習しました。
患者さん役は、いつものリラックマさんです。
勉強になりました。
ありがとうございました。

AED(自動体外式除細動器)交換、勉強会で使用法を確認

島田歯科医院では、月に一回、院内で勉強会を行っています。
今まであったAED(自動体外式除細動器)の使用期限が過ぎましたので、新しいAEDを購入しました。

 

 今回の勉強会は、新しいAEDの実習です。
副院長の酒向先生から説明を受けます。
酒向先生は、私と同じ東京歯科大学卒業後は、慶応義塾大学病院の口腔外科にはいりました。
口腔外科処置の専門医です。

 

 

最新式のAEDの実習です。
患者さん役は、リラックマさんにやってもらいました。
最新式のAEDですので、かなり進化してます。
ケースを開けると自動でスイッチがはいります。
音声が自動で出ますので、音声に従って、実習用のマネキンに電極パッドを張ります。
前は電極パッドが子供用と大人用があり、付け替える必要がありましたが、最新式のAEDは、子供と大人の両方に使えます。
そして、自動的にAEDが心電図を計り、電気ショックをしてくれるとういうすぐれものです。

最新式のAEDを設置することができました。

院内勉強会

島田歯科医院では、月に一回、院内で勉強会を行っています。
今回は、副院長の酒向先生から、口腔粘膜の疾患についてです。



酒向先生は、私と同じ東京歯科大学卒業後は、慶応義塾大学病院の口腔外科にはいりました。
口腔外科処置の専門医です。

お口の中にできる病気。
むし歯や歯周病以外の病気で、
特に粘膜にできる腫瘍や嚢胞などについて講演してもらいました。
ありがとうございました。

院内勉強会

島田歯科医院では、月に1回勉強会を行っています。
今回は前回の緊急時の実習の続きです。

 

酸素吸入の実習です。
酸素ボンベを実際に使い、実習しました。

 

次はAED(自動体外式除細動器)に実習です。
AEDは、音声が出ますので、音声に従って、実習用のマネキンに電極パッドを張ります。
そうすると自動的にAEDが、電気ショックをしてくれるとういうすぐれものです。

次は実習用のマネキンを使っての人工呼吸の実習です。

 

心臓マッサ-ジの実習です。
心臓マッサ-ジは、1分間に100回のペ-スで30回やり、人工呼吸を2回します。
結構、疲れます。

院内勉強会で、3回連続の緊急時の実習が終わりました。
もし、何かあった時のためのものですが、実際に役に立つことがありませんように祈っています。

AEDシ-ル島田歯科医院では、AEDがあります。
島田歯科医院の近くで、AEDが必要な事態が起こりましたら、AEDを持って出動しますので、その時は声をかけてください。