インビザラインのスキャン

マウスピース矯正のインビザラインでは、3Dスキャナーで、歯の型をとります。
その歯型で、マウスピース矯正で使われる透明なアライナーを作製します。
通常ですと、粘土のような型取り材をお口に入れて型を取りますが、子供にとってこれはとっても大変です。
ゲッとなってしまうことがあります。
3Dスキャナーでは、光を当てるだけで型を取れますので、とっても楽です。
でも、子供のマウスピース矯正のインビザライン・ファーストでは、1回のスキャンでは、すみません。
子供ですので、乳歯が抜けて永久歯がはえてきますので、アライナーが途中で合わなくなりますので、何回かスキャンしなくてはなりません。
粘土の歯型に比べれば、3Dスキャンはとっても楽ですので、子供にとってこのスキャンは、嫌にはならないようです。
昨日も何回かスキャンしましたが、みんな粘土よりは好きなようで、文句はありませんでした。

 

大田区蒲田の小児歯科・小児矯正の島田歯科医院

インビザライン・ファースト スタディクラブのオンライン勉強会

 世界中で最も行なわれている成人のマウピース矯正のインビザラインが、子供用のインビザラインを昨年の4月に発表しました。
そのインビザラインファーストという先進の子供のマウスピース矯正を島田歯科医院では、早くから取り入れています。
インビザラインファーストを行なっている歯科医院はまだまだ少ないので、インビザラインファースト スタディクラブという勉強会ができました。
そのオンライン勉強会に参加しました。

最近は、新型コロナウイルスの影響で、オンラインが増えました。
 学会、研修会、セミナー、会議、打ち合わせなど、ほとんどが、人に会わず、オンラインで行なっています。

島田歯科医院では、子供の歯並び相談をオンライン診療で行なっていますので、子供の歯並びがご心配な方は、どうぞご利用ください。

 

矯正特化型歯科経営研究会

船井総研が主催する矯正特化型歯科経営研究会の7月例会に参加しました。
前回の例会では、今年の4月にリリースされたばかりの先進の小児のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストの情報を知ることができて、島田歯科医院でもインビザライン・ファーストを取り入れることができました。
この研究会では、情報交換会があり、成人矯正分科会と小児・予防矯正分科会に分かれて、情報交換をします。
私は、小児・予防矯正分科会に所属しています。
小児・予防矯正分科会には、小児矯正のエキスパートの先生が何人も所属していて、先進の小児矯正の情報がわかり、とても勉強になります。
今回の情報交換会では、予防矯正についての情報交換が多くあり、予防矯正の勉強になりました。

 


小児矯正のパンフレット

小児矯正のパンフレットが完成しました。

表紙は・・・・・

歯列育形成ガイドブック
歯を抜かない小児矯正
多数の症例実績に基づく年齢に合わせた最適な診断と歯並びの状態に合わせた最適な矯正治療が可能にした「小児矯正に第一人者」島田歯科にしかできない歯列矯正とは?

・・・・とあります。

そして、中身は・・・・・
島田歯科医院の小児矯正について、わかりやすい内容にしました。

興味のある方に、無料でお渡しています。

 

島田歯科医院の動画ができました

大田区蒲田の歯医者さん島田歯科医院では、医院案内の動画を作りました。
小児歯科、小児矯正のご案内です。
 よければ見てください。
どうでしょうか?
感想などありましたら、お知らせください。
今後も動画を作る予定ですので、皆さんのご意見を取り入れていきたいと思います。