院内勉強会

島田歯科医院では、月に1回、勉強会を行っています。
歯科衛生士からは小児矯正の症例発表がありました。
子供のマスピース矯正であるインビザライン・ファーストとプレオルソとマルチファミリーの症例発表でした。
どの症例もきれいな歯並びになり、それぞれのマスピース矯正の特徴がよくわりました。
ありがとうございました。

小児矯正治療では、たくさんの治療方法があります。
その多くの治療方法をマスターしている歯科医院は、全国でも多くはありません。
島田歯科医院では、歯並びの状態と年齢から、その多くの小児矯正の治療方法から、最も適した治療方法を選択します。
また、1つの治療方法だけでなく、2つの治療方法を行うハイブリッド小児矯正により、1つの治療方法だけではできなかった歯を抜かない小児矯正を可能にしています。
たとえば、
①歯列育形成(床矯正)により、永久歯がはえるスペースを確保して、永久歯がはえてきら、インビザライン・ファーストで、歯を3次元的にコントロールして、歯をきれいに並べる。
②プレオルソで、反対咬合(受け口)をなおして、永久歯がはえてきら、インビザライン・ファーストで、歯を3次元的にコントロールして、歯をきれいに並べる。
③マルチファミリーやマイオブレスで、上顎前突(出っ歯)をなおして、永久歯がはえてきら、インビザライン・ファーストで、歯を3次元的にコントロールして、歯をきれいに並べる。
など、2つの治療方法を行うハイブリッド小児矯正により、歯を抜かない小児矯正を可能にしています。

虫歯のないきれいな歯並び

島田歯科医院では、子供の虫歯のないきれいな歯並びを目指しています。
小児矯正治療とともに虫歯予防処置も行います。
小児矯正で、歯列育形成のプレートやインビザラインのアライナーを調整するとともに虫歯予防処置を毎回行います。
歯のクリーニングを行い、フッ素塗布を行います。


多くの子供たちが虫歯のないきれいな歯並びを達成しています。


子供の矯正治療 1期治療と2期治療

子供の矯正治療では、1期治療と2期治療と分けて治療する矯正専門医が一般的です。
永久歯に生え変わるまでの矯正治療が1期治療で、永久歯になってからの矯正治療が2期治療です。
矯正専門医の矯正治療は、永久歯になってから歯にブラケットという金属の装置をつける2期治療がメインですので、永久歯に生え変わるまで待つか、永久歯に生え変わるまで少し改善するために1期治療を行います。
矯正専門医の矯正治療は、2期治療を行うのを前提で1期治療を行いますので、1期治療の費用が安く設定されていて、2期治療費が高く設定されている場合が多いようです。

島田歯科医院は小児歯科医の小児矯正ですので、1期治療がメインで、永久歯に生え変わるまでにきれいな歯並びにすることを目指しています。
1期治療で、ほとんどの子供はきれいな歯並びになります。
しかし、治療開始時期が遅い場合や歯並びの状態では、2期治療が必要になる場合がありますが、今の島田歯科医院の費用設定では、2期治療の費用はかからない場合が多く、歯並びに状態でかかったとしても矯正専門医での2期治療費よりは安く設定しています。
(以前の費用設定では2期治療費がかかる場合がありますことをご了承ください)

島田歯科医院では1期治療がメインですので、そのため矯正専門医の1期治療費用より、高くなる場合がありますが、矯正専門医では2期治療費がかかりますので、結局は、島田歯科医院の1期治療費より、矯正専門医の1期治療費と2期治療費の合計の方が高くつく場合が多くなります。

他の歯科医院や矯正専門医で、子供の矯正治療で、1期治療費が安い場合は、2期治療の必要性と2期治療の費用をきちんと聞い方がいいでしょう。

小児矯正で鼻呼吸になった!

小児矯正で、口呼吸が鼻呼吸になったケースが多くあります。
小児矯正で顎がひろがりますが、鼻腔もひろがり、鼻で呼吸しやすくなり、今まで口呼吸だったのが、鼻呼吸になった子供たちがたくさんいます。

顎が小さいと、永久歯がはえるのに十分なスペースがなく、乳歯の裏側から永久歯がはえてきたり、永久歯が重なってはえてきます。
小児矯正では、まずプレートを使い、顎をひろげて永久歯のはえるスペースをつくります。

顎をひろげると言いますが、顔は大きくなりませんので、ご安心ください。
正確には、歯が植わっている歯槽骨をひろげます。
お口の中をひろげる感じです。
たとえば欧米人は顔が小さいですけど、笑うと歯がきれいに並んでいます。
口の中が広いのです。
日本人はその逆で、顔が大きいけど、お口の中がせまいのです。
目指すのは、欧米人型です。

永久歯のスペースができて、永久歯がはえてきたら、先進の子供のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストで、はえてきた永久歯をきれいに並べます。

プレートとインビザライン・ファーストのハイブリッド矯正によって、歯を抜かない小児矯正を可能にしています。
また、このハイブリッド矯正によって、顎がひろがりますが、鼻腔もひろがります。
今まで、せまい鼻腔だったので、口呼吸になってしまっていたのが、鼻腔がひろがり鼻で楽に呼吸できるようになり、鼻呼吸になったケースをたくさん見てきました。

これは形態が改善されたので、機能が改善されということです。
矯正の専門家では、機能と形態の話をよくします。
機能を改善すると形態が改善されるか、また形態が改善するから機能が改善されるかの討論がよくされます。
口呼吸を鼻呼吸に改善するから歯並びがよくなる。
または
歯並びがよくなると口呼吸が鼻呼吸になる。
の討論ですが、両方とも正しいと思います。
特に小児矯正では、歯並びがよくなると口呼吸が鼻呼吸になるケースを多く見てきました。

 

鼻呼吸と口呼吸

サッカーの超一流選手であるロナウド選手もきれいな歯並びですね。
唇が細く、しかっりと口を閉じて、鼻で呼吸しています。
スポーツで精神を集中していると脳が加熱していきます。
脳がオーバーヒートしてしまうと集中力が切れてしまいますが、ロナウド選手は、しっかりと鼻で呼吸しています。
鼻で呼吸することによって、鼻のすぐ上にある脳を冷やすことができます。
脳がオーバーヒートしないので、集中力が続き、素晴らしいプレーができたのだと思います。

 

日本の一流選手といえば本田選手ですね。
本田選手も、少し出っ歯ですが、まずまずのいい歯並びです。
でも、ロナウド選手とは決定的な違いがあります。
本田選手は、唇が厚く、口が開いていて、口で呼吸しています。
口で呼吸していると、脳を冷やすことができないので、、脳がオーバーヒートしてしまい、集中力が続かなったことがあると思います。

超一流選手と一流選手との違いは、鼻呼吸と口呼吸の違いだったかも知れません。