SH療法のセミナー

SH療法セミナーに参加しました。
今回で、2回目の参加です。
 SH療法は、スライデックス(SlideX®)というスプリングを組み込んだ取り外し式装置(SHA)を使って、顎をひろげて、きれいな歯並びにする子供の矯正治療です。

今回のセミナーは、これから実際にSH療法を導入する歯科医師対象のセミナーでした。
実習もありました。

 

SH療法の スライデックス(SlideX®)というスプリングを組み込んだ取り外し式装置(SHA)です。
拡大する力が強く、永久歯を動かすのは、いいようです。
でも、スライデックスが大きいので、ある程度、永久歯が生えてからの使用になります。

島田歯科医院では、歯列育形成という小児矯正治療を行っています。
歯列育形成では、エキスパンジョンスクリュ-がはいったプレートを使って、顎をひろげて、きれいな歯並びにします。

乳歯列から混合歯列前期では、歯列育形成のプレートを使って顎をひろげて、前歯4本が永久歯になってからは、SH療法の スライデックスのプレートを使うと効率よく顎をひろげることができると思います。

今後、SH療法も取り入れて、歯並びの状態にあった最適な治療をしていきたいと思います。

 

小児矯正治療は、いつまでするのか

小児矯正治療は、開始時期は・・・・

治療開始時期が早いほど、きれいな歯並びになっていきます。
乳歯列から治療開始がいい時期になります。
遅くても、はじめて永久歯に生え変わる時期(下の前歯の乳歯が永久歯に生え変わる時期)となります。
乳歯列(3歳から)、遅くても混合歯列初期(7歳までに)に治療開始することをおすすめします。

 

それでは、小児矯正治療は、いつまでするのか・・・・
永久歯に生え変わるまで、続きます。
個人差がありますが、小学校の高学年ぐらいまで続きます。
しかし、犬歯がきれいにはえてきて、前歯6本がきれいに並べば、だいだい終わりになります。

写真のこー君は、前歯6本がきれいに並びました。
経過の写真を撮って、今まで2週間おきに来て、歯列育形成(小児矯正)を行っていましたが、前歯6本がきれいに並びましたので、月1回のメンテナンスにはいります。


こー君のプレートです。
前歯6本がきれいに並びましたので、プレートを拡大しませんが、後戻りを防ぐために使ってもらいます。
成人の抜歯した矯正治療では後戻りがありますが、歯列育形成(小児矯正)では、ほとんど後戻りはありません。
でも、咬合は安定するまでは、プレートを使ってもらいます。

今後、特に問題がなければ、2か月に1回、3か月に1回と期間があけて、メンテナンスをしていきます。
永久歯にすべて生え変わるまで、メンテナンスをして、むし歯のないきれいな歯並びにしていきます。
できれば、永久歯になった後も、メンテナンスを続け、むし歯のないきれいな歯並びを維持していきます。

 

 

院内勉強会 指しゃぶり  小児歯科

島田歯科医院では、月に一回、院内で勉強会を行っています。
今回は、歯科衛生士から指しゃぶりの発表でした。
指しゃぶりの危険性と対処法についての発表がありました。

 

 

指しゃぶりをずっとしていると歯並びに影響します。
前歯が前にできて、出っ歯になってしまいます。

 いつ頃、どうやってやめさせるかですが・・・
3歳頃から、そろそろやめるようにしましょう。
 
さて、どうやってやめるようにするか、結構、試行錯誤です。
指しゃぶりは、さびしい・お腹がすいた・眠いなど心の表現でもあります。
無理にやめさせると、爪をかむ・タオルをかむなど、別の悪い癖になることもしばしば。
愛情をもって、やめさせるように・・・これが難しいようです。
指しゃぶりをしようとしたら、そってその手を握ってあげたり、声をかけたりなど。
「指しゃぶりをすると歯並びが悪くなるから、やめようね。」と話すこともいいようです。
指にからしをぬったり、大人の靴下を両腕にはめる方法などいろいろありますが、どうでしょうか?
他にいい方法があったら、教えてください。

お口ポカン その4 小児矯正

お口ポカンの原因は、くちびるの力が弱いことです。
普通は、無意識の状態ではくちびるは閉じていますが、上のくちびるの力が弱いので、ポカンと開いたままになってしまい、口呼吸が習慣になってしまいます。

なぜ、くちびるの力が弱いのでしょうか?

その原因の一つは・・・・・
赤ちゃんの時、母乳を飲んでいたか、哺乳瓶でミルクを飲んでいたかです。
赤ちゃんが母乳を飲むとき、くちびるで、お母さんの乳輪をしごいてミルクを集め、集まったミルクを強く吸い出して飲み込みます。
母乳を飲むことで、くちびるの筋肉が発達していきます。

哺乳瓶では、どうでしょうか?
簡単にミルクを飲めるので、くちびるの筋肉が正常に発育しない場合が多くなります。

母乳を飲ませることで、お口ポカンにならなくなります。
母乳がとても大切となります。

お口ポカン その3 小児矯正

お口ポカンの原因の一つが口呼吸です。
鼻が詰まりやすかったり、口のまわりの筋肉が弱かったりすると、口呼吸が習慣になってしまいます。
鼻が詰まりやすい場合は、まずは耳鼻科に行きましょう。
鼻で呼吸しやすくして、前にコラムで投稿したポカンXを使って口のまわりの筋肉を鍛えて、鼻で呼吸しましょう。
意識して鼻で呼吸して、鼻の呼吸を習慣にしましょう。

しかし、今まで口で呼吸することが習慣になっていますので、なかなか鼻の呼吸を習慣にするのは難しいです。
でも、あきらめずに口を閉じることを意識することが大切です。
 家族の方も気づいたら声をかけてあげて下さい。
がんばりましょう!