小学校の就学時健診

校医をしている相生小学校の就学時健診に行ってきました。
来年、入学する子どもたちです。

むし歯は、全体的には減ってきましたが、何本もむし歯がある子がいます。
歯医者に行かない理由があるのかなと考えてしまいます。

あと、気になるのは、歯並びです。
ちょうど下の前歯は生え変わることが多い年齢ですが・・・
永久歯の生えるスペースがなく、永久歯が乳歯の裏側から生えている状態の子どもが多くいました。
永久歯が生えるには、顎が小さいのです。
乳歯の時は、きれいな歯並びよりも、すきっ歯のほうがいいのです。
それは、乳歯より大きな永久歯が生えてくるからです。

乳歯の裏側から永久歯が生えてきて、歯並びが心配になり、
小児歯科医院に行って、小児矯正治療を始める場合が多い時期です。

 

小学校の健診

校医をしている相生小学校の健診をしました。
通常であれば、4月か5月に健診をしますが、新型コロナウイルスの影響で、9月にやっと実施することになりました。
2,3、5年生の健診を行いました。
全体では、むし歯は少なくなってきましたが、歯並びが気になります。
歯が重なっていたり、八重歯になっていたり、反対咬合(受け口)になっていたりと・・・
反対咬合では、上顎が下の前歯に押されて成長が少なくなり、その後、下顎はだんだん成長していき、しゃぐれ顔になってしまう場合が多いので、反対咬合は早めになおすことをおすすめします。

明日は、1、4、6年生の健診を行います。

保育園の健診と歯磨き教室

園医をしているグローバルキッズの健診と歯ブラシ教室を行いました。
みんないい子にしてくれて、健診はスムーズに行うことができました。
健診のあとは、歯磨き教室です。
スタッフが紙芝居を使って、歯磨きのお話をしました。
みんなきちんと聞いてくれて、歯磨き教室は大成功です。
グローバルキッズのスタッフと園児のみなさん、ありがとうございました。

 

大田区蒲田の小児歯科・小児矯正の島田歯科医院

大田区成人歯科健康診査

7月から大田区成人歯科健康診査が始まりました。

大田区在住の30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、66歳、68歳、70歳、72歳、74歳、76歳の方が対象になります。
今年から、76歳の方の診査では、咀嚼機能の診査と嚥下機能の診査が追加されましたので、その診査の方法の研修会に参加しました。

対象の方は、ぜひ、診査を受けてください。
無料です。

 

 

 

成人歯科健康診査

対象の方

 区内在住の30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、66歳、68歳、70歳、72歳、74歳、76歳で、職場などで歯科健診を受ける機会のない方。(年齢は令和2年4月1日から令和3年3月31日までの誕生日における年齢です。)
  受診回数は期間中に一人1回です。
注釈:歯科、歯周疾患で治療中の方は受診できません。

実施期間

 令和2年7月1日から令和3年1月31日(休診日は除く)

内容

 歯周組織の状況、現在歯と喪失歯の状況、口腔清掃状態、咬み合わせ・あご関節の状況等
76歳の方のみ入れ歯、飲み込みのチェックをします。

受診方法

 実施医療機関に直接お申し込みください。
 医療機関によっては予約制のところもありますので、受診する際は、あらかじめ医療機関にお問合せください。

3歳児健診

蒲田地域庁舎で、3歳児健診を行いました。
3歳では、ちょうど乳歯がはえそろった時期です。
まだ、ほとんど虫歯がない年齢ですが、何人か虫歯ある子供がいました。
聞いてみると、フロスをつかってないのことでした。
歯ブラシだけでは、歯の間が磨けません。
歯の間は、子供用のフロスを使ってください。
あと、前歯が虫歯の子供がいました。
毎日、だらだらと、りんごジュースを飲んでいるのことです。
100%のりんごジュースだから大丈夫どと思っていたようです。
甘ければ、果物由来のショ糖という砂糖の一種がはいっていますので、虫歯になってしまいます。
特に寝る前にジュースを飲んで、寝てしまうと虫歯にとてもなりやすくなります。
水分補給には、水か麦茶を飲んでください。
ジュースを飲みたい時は、おやつの時に飲んで、歯磨きをしましょう!