ブラケット矯正治療とマウスピース矯正治療の違い

ブラケット矯正治療では、ブラケットという金属の矯正装置を歯に直接つけますので、見た目がキンギンギラギラで目立ちます。


マウスピース矯正では、アライナーという透明で薄い取り外しができる矯正装置ですので、目立ちません。
見た目では、矯正装置がはいっているかは、わからないほどです。

ブラケット矯正では、金属の装置で、ワイヤーをつけますので、口の中がすれて痛くなります。
食事をすると食べ物が装置につきますし、歯ブラシが大変です。
接触プレーがあるスポーツはできなくなりますし、管楽器などもできなくなります。
マウスピース矯正は、とても薄いで、違和感が少なく、食事の時ははずします。
自分で取り外しをする装置ですので、スポーツも管楽器もできます。

ブラケット矯正では、1か月ごとにワイヤーを交換しますが、ブラケットにワイヤーを縛り付けますので、痛みがあります。
ブラケット矯正をした人は、みんな矯正治療はとても痛いと言います。
マウスピース矯正では、1週間ごとにアライナーを交換しますが、少しずつ歯を動かしますので、ほとんど痛みはありません。

マウスピース矯正の唯一の欠点は、一日20時間使わなくてなりません。
でも違和感がほとんどありませんので、使えなかった人は今までいません。
マウスピース矯正はいろんな種類がありますが、島田歯科医院ではインビザラインというマウスピース矯正を採用しています。
インビザラインは、世界のトップシェアで900万人の実績があり、最も安心と信頼できるマウスピース矯正です。
島田歯科医院では、インビザラインの小児用のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストをメインに小児矯正を行っています。

 

 

 

 

 

インビザラインのマスクが届きました!

インビザラインからマスクが届きました。
インビザラインらしいデザインです。
ありがとうございました。

インビザラインは、世界で800万人を超える人が行なっているマウスピース矯正です。
透明で目立たない先進のマウスピース矯正です。
去年の4月に、インビザラインから、子供用のマウスピース矯正として、インビザライン・ファーストが発表されました。
島田歯科医院では、いち早くこのインビザライン・ファーストを取りれて、多くの子供達の矯正治療を行なっています。
インビザライン・ファーストを主におこなっている小児矯正は、島田歯科医院が全国でも多い症例数を言われています。
歯列を拡大しながら、歯を3次元的にきれいに並べることができるのは、インビザライン・ファーストだけです。
今後も先進のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストをメインに小児矯正を行っていきたいと思います。

 

インビザライン オンライン講習 その2

先週に引き続き、インビザラインのオンライン講習を受けました。

インビザラインは、世界100カ国以上で導入されており、800万人以上の治療実績があります。
これほどまでに治療実績があり、また、治療データが蓄積されたマウスピース矯正システムは他にはありません。
治療結果と治療の安全性では、他のマウスピース矯正システムを圧倒するシステムです。
このインビザライン・システムは、より良い治療結果を求めて様々な機能が定期的に導入されおり、日々進化・改良を続けていますので、毎週のようにオンライン講習が開催されています。
そのオンライン講習を受けて、より理想的な歯並びを目指したいと思います。

インビザライン・ファーストのスキャナー 大田区蒲田の歯医者  

子供のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストの準備をしています。
インビザライン用の最新型口腔内スキャナーであるiTero(アイテロ)を購入しました。
5月下旬の納品予定です。
これで、歯の型を取る必要がなくなります。
より早く、正確なマウスピース装置の製作ができるようになります。
また治療後のシミュレーション画像を見ることができます。

インビザライン・ファーストは、6月から治療開始できるように準備をすすめています。