ワイヤー(ブラケット)矯正はしない?

歯にワイヤーつける矯正治療はしないのですか?
と、よく聞かれます。

答えは、はいそうです。
新規の矯正治療では、歯にブラケットという矯正装置をつけてワイヤーで歯を動かすワイヤー矯正治療はほとんどしません。
理由は、インビザライン(マスピース矯正)の方がワイヤー矯正治療より優れている点が多いので、インビザラインの子供用のマウスピース矯正であるインビザラインファーストをメインに現在行っています。

ワイヤー矯正治療は、装置がつけっぱなしですので、ギンギラギンになりますし、違和感があり、装置によって、お口の中がこすれて痛くなりやすく、歯磨きがしにくいので、虫歯になりやすくなります。
接触プレーがあるスポーツは、装置によってお口の中を切る恐れがありますので、できなくなります。
管楽器のようにお口を使う楽器もできなくなります。
ワイヤーにブラケットの縛り付けてますので、新しいワイヤーをつけた数日間は、歯が痛くなります。
ワイヤーによって歯を動かしますので、治療がうまくいくかどうかは、ワイヤーを曲げる職人芸にかかっています。

インビザライン(マスピース矯正)は、このように透明で目立ちません。
つけていても他人にはわかりません。
とても薄いで、違和感が少なく、つけているのを忘れるぐらいです。
取り外しができますので、記念写真の時は思いっきり笑ってください。
スポーツもできますし、管楽器もできます。
この透明でうすい装置をアライナーと言います。
インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社という会社が開発しました。
お口の中をスキャンして、そのデータをアライン・テクノロジー社に送り、アライン・テクノロジー社のソフトウエアを使って、治療計画をたてて、3Dのシュミレーションを見ることができます。
そして、カスタマイズされたアライナーが製造されます。
インビザラインは、世界で1000万人を超えました。
1000万人分のデータと安心があります。

ワイヤーを曲げる職人芸のワイヤー矯正と
1000万人分のデータと安心のインビザライン。
どちらが優れていると思いますか?

ネットではインビザラインの欠点として、
アライナーを使わないとなおらない。
抜歯する矯正では不利。
とよくあります。
アライナーは透明で薄く違和感が少ないので、普通は特に使えないことはないと思います。
抜歯する矯正治療では、奥の歯を手前に動かすと歯が傾いてしまいます。
これは、ワイヤー矯正もインビザラインも同じことです。
ワイヤー矯正では、職人芸で、この欠点をカバーします。
インビザラインでも技術の進歩で、気を付けて治療を進めていけばこの欠点をカバーできるようになりました。

インビザラインを否定的に言っている先生は、どうもインビザラインをしていない先生のように感じます。
実は、大学病院の矯正歯科では、インビザラインをしない場合がほとんどです。
アメリカの会社のアライン・テクノロジー社の配下になって治療はすることができない環境にあるようです。
大学では、ワイヤー矯正をメインに行っています。
大学の新人の先生は、1日に100本のワイヤー曲げる練習をすると言われます。
ワイヤーを曲げる職人芸の修行をします。
しかし、若い先生は、大学をやめるとインビザラインの研修を受けて、インビザラインの治療を始めます。
それは、ワイヤー矯正より、インビザラインの方が圧倒的にニーズが高いからです。
インビザラインという新しい治療を行っていない先生ほど、インビザラインを否定的に言う傾向があるように思えます。

 

インビザライン・スティッカブルズ

マウスピース矯正のインビザラインでは、このアライナーを1日20時間使います。
透明ですので、つけているのがわかりません。
薄いので違和感がありません。

このアライナーにつけるステッカーが新発売されました。
好きなステッカーを好きな場所に自分で張って自分だけの特別なアライナーにカスタマイズできます。
ハロウィンやクリスマスや誕生日など特別なイベントで、おしゃれに決めれます。

ブラケット矯正治療とマウスピース矯正治療の違い

ブラケット矯正治療では、ブラケットという金属の矯正装置を歯に直接つけますので、見た目がキンギンギラギラで目立ちます。


マウスピース矯正では、アライナーという透明で薄い取り外しができる矯正装置ですので、目立ちません。
見た目では、矯正装置がはいっているかは、わからないほどです。

ブラケット矯正では、金属の装置で、ワイヤーをつけますので、口の中がすれて痛くなります。
食事をすると食べ物が装置につきますし、歯ブラシが大変です。
接触プレーがあるスポーツはできなくなりますし、管楽器などもできなくなります。
マウスピース矯正は、とても薄いで、違和感が少なく、食事の時ははずします。
自分で取り外しをする装置ですので、スポーツも管楽器もできます。

ブラケット矯正では、1か月ごとにワイヤーを交換しますが、ブラケットにワイヤーを縛り付けますので、痛みがあります。
ブラケット矯正をした人は、みんな矯正治療はとても痛いと言います。
マウスピース矯正では、1週間ごとにアライナーを交換しますが、少しずつ歯を動かしますので、ほとんど痛みはありません。

マウスピース矯正の唯一の欠点は、一日20時間使わなくてなりません。
でも違和感がほとんどありませんので、使えなかった人は今までいません。
マウスピース矯正はいろんな種類がありますが、島田歯科医院ではインビザラインというマウスピース矯正を採用しています。
インビザラインは、世界のトップシェアで900万人の実績があり、最も安心と信頼できるマウスピース矯正です。
島田歯科医院では、インビザラインの小児用のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストをメインに小児矯正を行っています。

 

 

 

 

 

インビザライン プラチナステータス

世界でトップシェアーのマウスピース矯正であるインビザラインでは、治療実績・症例数に基づいて決定されるステータスがあります。
2020年度、島田歯科医院は、インビザライン治療への取り組みが高く評価され、プラチナステータスの表彰を受けました。
そして、ステータス認定の記念盾をいただきました。
ありがとうございます。

高いスキルと多くの症例を持つインビザライン公式認定ドクター『プラチナステータス認定』を受けているからこそ、的確な診断と治療を提供することができます。

インビザライン・ファーストの治療の流れ

インビザライン・ファーストは、去年の4月に発表された先進の子供のマウスピース矯正です。
島田歯科医院は、インビザライン・ファーストをいち早く導入しました。
小児矯正では、歯列育形成・床矯正・プレオルソ・マイオブレス・マルチファミリーなど多くの矯正治療方法があります。
島田歯科医院では、歯並びの状態や年齢を考慮して、最も適した矯正治療方法を選択して、または併用するハイブリッド矯正によって、歯を抜かない小児矯正は実現しています。
ハイブリッド矯正は、2つの矯正治療方法を行います。
床矯正で、顎を広げてから、インビザライン・ファーストで歯をきれいに並べる。
プレオルソで反対咬合をなおしてから、インビザライン・ファーストで歯をきれいに並べる。
など、その矯正治療方法の優れた利点を利用していきます。

歯をきれいに並べる、歯を3次元的にコントロールするのは、インビザライン・ファーストがもっとも優れていますので、インビザライン・ファーストがメインになってきています。
ハイブリッド矯正でも最終的には、インビザライン・ファーストを行います。

インビザライン・ファーストの検査では、歯と顔の写真を撮ります。
最近では、カメラでなく、インビザラインのアプリで、Ipadで写真を撮り、そのデータを直接、送信します。

次は、歯の型をスキャンします。
今までは、粘土みたいなもので、型を取ってましたが、今は光を当てるだけで型が取れます。
粘土の型取りは、子供にとっては、げっとなって大変でしたが、スキャンでは楽に歯の型が取れます。

 

スキャンしたデータを元に、矯正治療のシュミレーションができます。
矯正治療によって、歯が動いていくのが見れます。
どうやって、きれいな歯並びになるかがよくわかります。

 

シュミレーションをもとにアライナーを作製します。
このアライナーを20時間、歯に付けることによって、少しずつ歯が動いていきます。
アライナーは、1週間ごとに次の新しいアライナーに交換していきます。
アライナーは、透明ですので、ほとんど付けているのがわかりません。
アライナーはうすいので、違和感も少ないです。
1週間ごとに交換ですが、通常は4週間分のアライナーを渡しますので、1ヶ月に1回の通院ですみます。