インビザラインのスキャン

マウスピース矯正のインビザラインでは、3Dスキャナーで、歯の型をとります。
その歯型で、マウスピース矯正で使われる透明なアライナーを作製します。
通常ですと、粘土のような型取り材をお口に入れて型を取りますが、子供にとってこれはとっても大変です。
ゲッとなってしまうことがあります。
3Dスキャナーでは、光を当てるだけで型を取れますので、とっても楽です。
でも、子供のマウスピース矯正のインビザライン・ファーストでは、1回のスキャンでは、すみません。
子供ですので、乳歯が抜けて永久歯がはえてきますので、アライナーが途中で合わなくなりますので、何回かスキャンしなくてはなりません。
粘土の歯型に比べれば、3Dスキャンはとっても楽ですので、子供にとってこのスキャンは、嫌にはならないようです。
昨日も何回かスキャンしましたが、みんな粘土よりは好きなようで、文句はありませんでした。

 

大田区蒲田の小児歯科・小児矯正の島田歯科医院

インビザライン・ファースト スタディクラブのオンライン勉強会

 世界中で最も行なわれている成人のマウピース矯正のインビザラインが、子供用のインビザラインを昨年の4月に発表しました。
そのインビザラインファーストという先進の子供のマウスピース矯正を島田歯科医院では、早くから取り入れています。
インビザラインファーストを行なっている歯科医院はまだまだ少ないので、インビザラインファースト スタディクラブという勉強会ができました。
そのオンライン勉強会に参加しました。

最近は、新型コロナウイルスの影響で、オンラインが増えました。
 学会、研修会、セミナー、会議、打ち合わせなど、ほとんどが、人に会わず、オンラインで行なっています。

島田歯科医院では、子供の歯並び相談をオンライン診療で行なっていますので、子供の歯並びがご心配な方は、どうぞご利用ください。

 

インビザライン・ファーストのセミナー

4月にリリースされたばっかりの最新の子供のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストのセミナーに参加しました。
日本では、初めて行われたインビザライン・ファーストのセミナーです。
インビザライン・ファーストのアライン・テクノロジー・ジャパン社に行ってきました。

最新の子供のマウスピース矯正の技術を学ぼうと多くの歯科医師が参加してました。
私もしっかりとセミナーを聞いて、インビザライン・ファーストの技術をマスターしてきました。

講師は、インビザライン・ファーストの第一人者の竹内先生です。
インビザライン・ファーストでは、いくつかの心配がありましたが、竹内先生に質問して、すべて解決しました。
ありがとうございました。

島田歯科医院では、今月から、インビザライン・ファーストの治療を開始しています。

 

 

6月20日(木)の午前は休診になります 大田区蒲田の歯医者

6月20日(木)の午前は、研修会に参加しますので休診になります。
午後2時からの診療になりますので、ご了承ください。

4月にリリースされたばかりの最新の子供のマウスピース矯正のインビザライン・ファーストの研修会に参加してきます。
しっかりと勉強してきますので、ご了承ください。
よろしくお願いします。

6月20日(木)午前は休診します

子供のマウスピース矯正であるインビライン・ファーストの研修会に参加しますので、6月20日(木)の午前中は、休診します。
午後2時からの診療になりますので、ご了承ください。

インビライン・ファーストは、今年の4月にリリースされたばかりの最新の子供のマウスピース矯正治療です。
新しい矯正治療技術ですので、研修会に参加して、しっかり勉強してきます。

島田歯科医院では、インビライン・ファーストを行うための検査を6月から開始しています。
アイテロという3Dスキャナーで、歯をスキャンして、そのデータで、シュミレーションを行います。
そのシュミレーションによって、マウスピース矯正で使うアライナーを作成していきます。