院内勉強会

島田歯科医院では、月に一回、院内で勉強会を行っています。
今回は、歯科衛生士から、小児矯正の症例発表でした。

反対咬合で永久歯のはえるスペースがない難しい症例です。
まずはプレオルソで、反対咬合をなおしました。
その後、永久歯がはえるスペースがないので、プレートで拡大して、永久歯のはえるスペースを確保しました。
その後、永久歯にブラケットをつけて、きれいな歯並びになりました。
プレオルソとプレートとブラケットを使ったフルコースの総合的な矯正治療で、歯を抜かないで、きれいな歯並びになりました。

島田歯科医院の小児矯正のメインの治療は、プレートを使った歯列育形成(床矯正)ですが、歯並びの状態によって、プレオルソ、マイオブレス、マルチファミリーなど多くの矯正装置から最適な治療方法を選ぶことができますので、歯を抜かない小児矯正を実現することができます。

ごほうび

はる君は、歯列育形成(床矯正)の治療がしっかりできましたので、ごほうびの消しゴムを選びました。
がんばりました!

島田歯科医院の小児歯科では、治療を頑張った子供は、ごほうびがもらえます。

そー君も治療がんばったので、ごほうびを選んでいます。
次もがんばりましょう!

カム君のプレート

カム君のプレートです。
左が今まで使ってたプレートです。
エキスパンジョンスクリュ-がひろがりましたので、新しいプレートをつくるための歯の型を取りました。
右が新しくできたプレートです。

プレ-トには、好きな色を選んで、好きなシ-ルを入れて、自分だけのスペシャルプレ-トを作ります。
このプレートは、夜、寝る時に使ってもらいます。
プレ-トのまん中にエキスパンジョンスクリュ-がはいっています。
2週間に1回来院してもらい、このエキスパンジョンスクリュ-をねじ回しのように回してプレ-トをひろげて、永久歯がはえるスペースをつくっていきます。

カム君!
きれいな歯並びになるように新しいプレートもがんばって使ってください!!

 

歯列育形成(小児矯正・床矯正)のプレート

るりこちゃんの歯列育形成のプレートです。
2週間に1回、プレートのスクリューを1/4回転して、ひろげます。
1/4回転すると1/4ミリひろがります。
1か月で1/2ミリ、2か月で1ミリひろがることになります。
るりこちゃんのプレートのスクリューがかなりひろがりましたので、
新しいプレートをつくります。
今日は、新しいプレートをつくるための型をとりました。

 

はると君のプレートです。
スクリューを1/4回転して、ひろげました。
がんばって、つかってください!

 

はる君のプレートです。
スクリューを1/4回転して、ひろげました。
はる君は、上の前歯が開いていますので、閉じるように、
プレートにアクロススプリングがついてます。
スクリューをひろげると、前歯が閉じる設計になっています。

 

みずきちゃんのプレートです。
スクリューを1/4回転して、ひろげました。
がんばって、つかってください!

プレートをひろげて、あごをひろげると言いますが、
正確には、歯が植わっている歯槽骨の側方への成長促進をします。
歯槽骨が横に成長して、歯がきれいに並ぶスペースを確保します。

歯列育形成研究会 第30回症例相談会 第33回ミニ講演会

歯列育形成研究会の第30回症例相談会と第33回ミニ講演会を開催しました。



午前中は、歯列育形成研究会の会員の先生からの症例の相談会を行いました。
会員の先生が自分の患者さんの写真、歯の型、レントゲンなどをもってきてもらい、治療方針の相談をします。
今回は、相談の症例数が、かなり多かったので、2つのテーブルに分かれて、相談を受けまました。


 私は歯列育形成研究会の理事を務めています。
同じく理事の片瀬先生と共に会員の先生の症例相談を受けました。
私が担当したテーブルでは、かなり難しい症例もあり、会員の先生と一緒に治療方針を検討しました。

 


  午後からはミニ講演会です。
片瀬の先生の講演です。
「過蓋咬合の概略説明」です。

 

 

 


片瀬先生のミニ講演後は、
歯列育形成を考案した島田朝晴先生(私の父ですが・・・)のミニ講演です。
今回は「過蓋咬合の早期治療」というテーマの講演でした。
過蓋咬合の早期治療で、きれいになおった症例の講演でした。
 過蓋咬合は、なるべく早めに治療を開始して、早くきれいな噛み合わせにすることによって、顔もいい顔にすることが大切です。



今後も、歯列育形成研究会の相談会・講演会を続けていきます。
歯列育形成研究会の理事として、子供のきれいな歯並びを目指して、がんばっていきますので、よろしくお願いします。