エアフロー・プロフィラキシスマスター

エアフロー・プロフィラキシスマスターのデモをしてもらいました。
歯のクリーニングで、処置時間が短くなり、歯の表面を傷めないのと評判の器具です。
導入するかどうかは、歯科衛生士と相談しますが、これが結構、高額です。
きちんと使うとなれば、導入します。

 

定期健診のおしらせのはがき

島田歯科医院では、虫歯予防、歯周病予防のために定期健診をおすすめしています。
定期健診の期間は、1か月、2か月、3か月、6か月と患者さんの歯の状態によって、患者屋さんと相談して決めます。
1か月と2か月では予約していく場合が多いですが、3か月以上ではまだ予定がわからない場合が多いので、定期健診のお知らせのはがきを出します。
定期健診のお知らせのはがきは、いくつかの種類を用意しています。
写真のはがきは、子供用です。
定期健診のお知らせのはがきがきましたら、お電話で予約を承りますので、よろしくお願いします。

親知らずは抜くべきか?

親知らずは、大人になってからいちばん奥にはえてくる歯です。
親知らずがはえるスペースがなく、斜めにはえてくる場合が多く、歯ブラシが届かないので、虫歯になったり、周りの歯肉が腫れたりします。
虫歯になってしまうと、虫歯菌がお口の中で増えますので、他の歯が虫歯になりやすくなりますので、親しらずは、抜いた方がいい場合が多くなっています。
また、親知らずが、はえるときに前の歯を押して、歯並びが悪くなる時もあります。
親知らずがはえてきたら、下の前歯が重なってきたということがあります。

では、抜かなくていい場合は?
親知らずがまっすぐはえて、しっかり歯ブラシができて、むし歯になっていない場合ですが、歯科医院でチェックしたもらった方がいいでしょう。

最近は、親知らずがない人もいます。
でも、完全に埋まってしまって、はえてこない場合もありますので、歯科医院で、虫歯予防、歯周病予防と共に定期健診を受けることをおすすめします。

歯は何本?

自分の歯は何本あるでしょうか?
数えたことがありますか?

永久歯は、前から、
中切歯、側切歯、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯。
番号で言う場合もあります。
1番2番・・・・・7番。
上下右左ありますので、全部で、28本あります。
そして、その後ろに親不知があります。
親不知のことは、次回、投稿したいと思います。

では、乳歯は、
乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第乳小臼歯。
乳歯は、番号でなく、A、B、C、D、E と呼びます。
全部で、20本です。 

小児歯科で大切なこと むし歯予防

小児歯科で大切なことは、むし歯予防です。
むし歯ができてしまうと、むし歯の原因菌であるミュータンス菌が、お口の中で増え続けます。
乳歯の時にむし歯が多いとミュータンス菌が増え、永久歯もむし歯になってしまう可能性が高くなります。
乳歯の時から、むし歯予防をしっかりしましょう。

 

むし歯予防のために小児歯科医院へ行きましょう!

3歳のりー君は、3か月ごとに来ます。
まずは、歯科衛生士のブラッシング指導です。
きちんと磨けているかな?
今は、お母さんに仕上げ磨きをしてもらっていますが、自分でもしっかり磨けるようにしましょう!


ブラッシング指導の後は、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアです。
クリーニングして、ポリッシイングして、フッ素塗布です。
歯がツルツルになって、気持ちがいいですね!

 


さっちゃんも3か月ごとにきます。
プロフェッショナルケアで使う、フッ素入りジェルを選んでいます。
いろいろな味があります。
どの味にしたのかな?


歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで、歯がツルツルになりました。
歯医者に来て、気持ちよくなりましたね!

 

リー君もさっちゃんも、むし歯予防のためにきます。
歯がツルツルになって、きれいになって、気持ちがよくなります。
むし歯の治療をしたことがありませんので、歯医者で痛い思いをしたことがありません。
これからもむし歯予防のために来てください。