赤ちゃんの歯はいつはえる? 小児歯科

赤ちゃんの歯は、いつはえるでしょうか?
個人差はありますが、生後6か月ごろから下の前歯がはえてきます。
乳歯ですから、小さくかわいい歯です。

歯が生え始めたら、歯医者デビューです!
 
歯が生え始めたら、歯医者に来てほしいと思います。
歯が生えたら、歯磨きがスタートします。
生え始めの歯磨きは、ちょっとしたコツがありますので、歯科医院で歯科衛生がそのコツを教えます。
乳幼児の虫歯は進行が早いので、むし歯にならないように、歯科医院に定期的にきてもらい、むし歯予防処置をしましょう。
また、歯の健康と食べ物は、深い関係があります。
それも歯科衛生士がお話します。
歯が生え始めたら、歯医者に行きましょう!

私の夢ですが・・・・むし歯の治療をしない歯医者です。
赤ちゃんの時から、歯医者にきてもらい、むし歯予防をしっかりやり、むし歯のないきれいな歯並びを目指しています。

6歳臼歯 小児歯科

6歳ぐらいになると・・・・

奥の歯くぎは晴れて痛い・・・・
ということがよくあります。

6歳臼歯が、歯ぐきをやぶってはえてきますので、痛みがある時があります。
また、その時に歯ぐきが腫れることがあります。
6歳臼歯がはえてしまえば、腫れと痛みがなくなります。
でも、腫れや痛みがひどい場合は、歯医者でみてもらってください。

6歳臼歯とは・・・
第一大臼歯のことで、6歳頃、乳歯の1番後ろからはえてくる永久歯です。
1番後ろからはえてきますので、歯みがきがしにくく、むし歯になりやすい歯です。
はえてきたら、気を付けて歯ブラシをしてください。
特にはえ始めは、乳歯より高さが低いので、歯ブラシがあたりません。
歯ブラシの向きを変えながら、念入りに磨いてください。

 

 

小児歯科で大切なこと むし歯予防

小児歯科で大切なことは、むし歯予防です。
むし歯ができてしまうと、むし歯の原因菌であるミュータンス菌が、お口の中で増え続けます。
乳歯の時にむし歯が多いとミュータンス菌が増え、永久歯もむし歯になってしまう可能性が高くなります。
乳歯の時から、むし歯予防をしっかりしましょう。

 

むし歯予防のために小児歯科医院へ行きましょう!

3歳のりー君は、3か月ごとに来ます。
まずは、歯科衛生士のブラッシング指導です。
きちんと磨けているかな?
今は、お母さんに仕上げ磨きをしてもらっていますが、自分でもしっかり磨けるようにしましょう!


ブラッシング指導の後は、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアです。
クリーニングして、ポリッシイングして、フッ素塗布です。
歯がツルツルになって、気持ちがいいですね!

 


さっちゃんも3か月ごとにきます。
プロフェッショナルケアで使う、フッ素入りジェルを選んでいます。
いろいろな味があります。
どの味にしたのかな?


歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで、歯がツルツルになりました。
歯医者に来て、気持ちよくなりましたね!

 

リー君もさっちゃんも、むし歯予防のためにきます。
歯がツルツルになって、きれいになって、気持ちがよくなります。
むし歯の治療をしたことがありませんので、歯医者で痛い思いをしたことがありません。
これからもむし歯予防のために来てください。

 

ごほうび

はる君は、歯列育形成(床矯正)の治療がしっかりできましたので、ごほうびの消しゴムを選びました。
がんばりました!

島田歯科医院の小児歯科では、治療を頑張った子供は、ごほうびがもらえます。

そー君も治療がんばったので、ごほうびを選んでいます。
次もがんばりましょう!

定期健診とむし歯予防

3歳のりー君は、3か月ごとに来ます。
まずは、歯科衛生士のブラッシング指導です。
きちんと磨けているかな?
今は、お母さんに仕上げ磨きをしてもらっていますが、自分でもしっかり磨けるようにしましょう!


ブラッシング指導の後は、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアです。
クリーニングして、ポリッシイングして、フッ素塗布です。
歯がツルツルになって、気持ちがいいですね!


さっちゃんも3か月ごとにきます。
プロフェッショナルケアで使う、フッ素入りジェルを選んでいます。
いろいろな味があります。
どの味にしたのかな?


歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで、歯がツルツルになりました。
歯医者に来て、気持ちよくなりましたね!

 

リー君もさっちゃんも、むし歯予防のためにきます。
歯がツルツルになって、きれいになって、気持ちがよくなります。
むし歯の治療をしたことがありませんので、歯医者で痛い思いをしたことがありません。
これからもむし歯予防のために来てください。