インスタはじめました!

島田歯科医院のインスタグラムはじめました!

小児矯正、小児歯科、虫歯予防、歯周病予防、スポーツマウスピースなどなど・・・・・
歯科の役に立つ情報を発信していきたいと思います。

よかったら、見てください!
よろしければ、フォローしてください!!

SH療法のセミナー

SH療法セミナーに参加しました。
今回で、2回目の参加です。
 SH療法は、スライデックス(SlideX®)というスプリングを組み込んだ取り外し式装置(SHA)を使って、顎をひろげて、きれいな歯並びにする子供の矯正治療です。

今回のセミナーは、これから実際にSH療法を導入する歯科医師対象のセミナーでした。
実習もありました。

 

SH療法の スライデックス(SlideX®)というスプリングを組み込んだ取り外し式装置(SHA)です。
拡大する力が強く、永久歯を動かすのは、いいようです。
でも、スライデックスが大きいので、ある程度、永久歯が生えてからの使用になります。

島田歯科医院では、歯列育形成という小児矯正治療を行っています。
歯列育形成では、エキスパンジョンスクリュ-がはいったプレートを使って、顎をひろげて、きれいな歯並びにします。

乳歯列から混合歯列前期では、歯列育形成のプレートを使って顎をひろげて、前歯4本が永久歯になってからは、SH療法の スライデックスのプレートを使うと効率よく顎をひろげることができると思います。

今後、SH療法も取り入れて、歯並びの状態にあった最適な治療をしていきたいと思います。

 

今日はこれです!

今日は、これを着て、診療します!
島田歯科医院は、小児歯科と小児矯正を行っています。
子供たちに好きになってもらえる歯科医院を目指しています。

親知らずは抜くべきか?

親知らずは、大人になってからいちばん奥にはえてくる歯です。
親知らずがはえるスペースがなく、斜めにはえてくる場合が多く、歯ブラシが届かないので、虫歯になったり、周りの歯肉が腫れたりします。
虫歯になってしまうと、虫歯菌がお口の中で増えますので、他の歯が虫歯になりやすくなりますので、親しらずは、抜いた方がいい場合が多くなっています。
また、親知らずが、はえるときに前の歯を押して、歯並びが悪くなる時もあります。
親知らずがはえてきたら、下の前歯が重なってきたということがあります。

では、抜かなくていい場合は?
親知らずがまっすぐはえて、しっかり歯ブラシができて、むし歯になっていない場合ですが、歯科医院でチェックしたもらった方がいいでしょう。

最近は、親知らずがない人もいます。
でも、完全に埋まってしまって、はえてこない場合もありますので、歯科医院で、虫歯予防、歯周病予防と共に定期健診を受けることをおすすめします。

歯は何本?

自分の歯は何本あるでしょうか?
数えたことがありますか?

永久歯は、前から、
中切歯、側切歯、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯。
番号で言う場合もあります。
1番2番・・・・・7番。
上下右左ありますので、全部で、28本あります。
そして、その後ろに親不知があります。
親不知のことは、次回、投稿したいと思います。

では、乳歯は、
乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第乳小臼歯。
乳歯は、番号でなく、A、B、C、D、E と呼びます。
全部で、20本です。