ブラケット矯正治療とマウスピース矯正治療の違い

ブラケット矯正治療では、ブラケットという金属の矯正装置を歯に直接つけますので、見た目がキンギンギラギラで目立ちます。


マウスピース矯正では、アライナーという透明で薄い取り外しができる矯正装置ですので、目立ちません。
見た目では、矯正装置がはいっているかは、わからないほどです。

ブラケット矯正では、金属の装置で、ワイヤーをつけますので、口の中がすれて痛くなります。
食事をすると食べ物が装置につきますし、歯ブラシが大変です。
接触プレーがあるスポーツはできなくなりますし、管楽器などもできなくなります。
マウスピース矯正は、とても薄いで、違和感が少なく、食事の時ははずします。
自分で取り外しをする装置ですので、スポーツも管楽器もできます。

ブラケット矯正では、1か月ごとにワイヤーを交換しますが、ブラケットにワイヤーを縛り付けますので、痛みがあります。
ブラケット矯正をした人は、みんな矯正治療はとても痛いと言います。
マウスピース矯正では、1週間ごとにアライナーを交換しますが、少しずつ歯を動かしますので、ほとんど痛みはありません。

マウスピース矯正の唯一の欠点は、一日20時間使わなくてなりません。
でも違和感がほとんどありませんので、使えなかった人は今までいません。
マウスピース矯正はいろんな種類がありますが、島田歯科医院ではインビザラインというマウスピース矯正を採用しています。
インビザラインは、世界のトップシェアで900万人の実績があり、最も安心と信頼できるマウスピース矯正です。
島田歯科医院では、インビザラインの小児用のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストをメインに小児矯正を行っています。

 

 

 

 

 

子供の歯並びLINE相談とオンライン相談 

子供の歯並び相談をLINEとオンライン診療で行っています。
LINEでは、無料で行っています。
オンライン診療の相談では、ワンコインの500円で行っています。
プラス消費税がかかりますので、ご了承ください。

LINE相談では、診療の合間になるべく早めに返信したいと思います。
診療後や休診日には、少しお時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

オンライン相談では、診療中は難しいので、午前の診療後の12時半と午後の診療後の19時に行いますので、どうかよろしくお願いします。

LINE相談では、実際の歯並びの状態を見ることができませんので、一般的な話になってしまいますが、気軽にご相談できると思います。
オンライン相談では、カメラを通して実際の歯並びを見ることができますので、LINE相談よりは、具体的な話ができると思います。

子供の歯並びが気になる方は、LINE無料相談とワンコインオンライン相談をどうぞご利用ください。

 

 

 

医療機器グローブ導入歯科医院認定証

歯科材料の通販会社の大手会社FEEDから医療機器グローブ導入歯科医院認定証を頂きました。

「医療品医療機器等法」医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づき手続きされた、医療機器グローブを導入した医院であることを認定されました。

毎年、この認定書を頂いていますが、今年も頂きました。
ありがとうございました。

 

島田歯科医院は、日本歯科医師会から感染症対策実施歯科医療機関と認定されています。
来院者の検温と問診と手指のアルコール消毒を行っています。
治療器具は、滅菌して滅菌パックに入れ、治療の直前に滅菌パックから出します。
歯を削るタービンや歯のクリーニングに使うハンドピースも滅菌して滅菌パックに入れ、治療の直前に滅菌パックから出します。
診療台の手の触れる所は、患者さんごとにアルコール消毒をしています。
患者さんごとに医療機器グローブを交換していますのでご安心ください。

 

バレンタインイベント

明日は、バレンタインデー。
ということで島田歯科医院では、バレンタインイベントを行っています。
歯医者さんが作ったチョコレートをキッズ限定でプレゼントしています!

このチョコレートは、甘味料としてキシリトール100%使用しています。
キシリトールは虫歯予防効果がある甘味料です。
またキシリトールの作用で虫歯菌の繁殖を防ぎ、プラークが激減すると報告されています。

虫歯ができないチョコレートですので、安心して食べてください。

小児矯正で鼻呼吸になった!

小児矯正で、口呼吸が鼻呼吸になったケースが多くあります。
小児矯正で顎がひろがりますが、鼻腔もひろがり、鼻で呼吸しやすくなり、今まで口呼吸だったのが、鼻呼吸になった子供たちがたくさんいます。

顎が小さいと、永久歯がはえるのに十分なスペースがなく、乳歯の裏側から永久歯がはえてきたり、永久歯が重なってはえてきます。
小児矯正では、まずプレートを使い、顎をひろげて永久歯のはえるスペースをつくります。

顎をひろげると言いますが、顔は大きくなりませんので、ご安心ください。
正確には、歯が植わっている歯槽骨をひろげます。
お口の中をひろげる感じです。
たとえば欧米人は顔が小さいですけど、笑うと歯がきれいに並んでいます。
口の中が広いのです。
日本人はその逆で、顔が大きいけど、お口の中がせまいのです。
目指すのは、欧米人型です。

永久歯のスペースができて、永久歯がはえてきたら、先進の子供のマウスピース矯正であるインビザライン・ファーストで、はえてきた永久歯をきれいに並べます。

プレートとインビザライン・ファーストのハイブリッド矯正によって、歯を抜かない小児矯正を可能にしています。
また、このハイブリッド矯正によって、顎がひろがりますが、鼻腔もひろがります。
今まで、せまい鼻腔だったので、口呼吸になってしまっていたのが、鼻腔がひろがり鼻で楽に呼吸できるようになり、鼻呼吸になったケースをたくさん見てきました。

これは形態が改善されたので、機能が改善されということです。
矯正の専門家では、機能と形態の話をよくします。
機能を改善すると形態が改善されるか、また形態が改善するから機能が改善されるかの討論がよくされます。
口呼吸を鼻呼吸に改善するから歯並びがよくなる。
または
歯並びがよくなると口呼吸が鼻呼吸になる。
の討論ですが、両方とも正しいと思います。
特に小児矯正では、歯並びがよくなると口呼吸が鼻呼吸になるケースを多く見てきました。