大田区 蒲田駅スグの歯医者さん! 大人の方の治療、子どもの歯並び矯正・歯列育形成(床矯正)、予防歯科など技術で頑張ってます!

こどもはやっぱり元気が一番!!

      
生涯に渡ってお口を健康に保つためには、
子どものうちからの虫歯予防がもっとも大切なこととされています。

当歯科医院では“その場しのぎの治療”ではなく“生涯の健康”を見据えた小児歯科治療に取り組んでおります。

歯の生え変わりのある子どもの口腔環境は短期間に著しく変化します。
お子様の歯やお口のことで、不安なこと、お困りのことがありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ

島田歯科医院の子どもの歯科治療

子どもに好かれる歯医者さんであるために

小学校で予防活動・歯磨き教室
子どもたちの治療の中心は虫歯の予防です。
お子様の年齢にあった治療で、虫歯のない健康的な口腔環境を目指します。
また、健全な成長には“良好な顎の発育”も大切です。お子様のために必要と判断した場合には、MFT(口腔機能訓練)や歯列育形成など考えられるあらゆることをご提案いたします。
お子様の未来を見据えた小児歯科診療理念
1 大切な歯を虫歯から守ります

1 子どもが嫌がる治療はしません

1 子どもの年齢に合った治療をします

1 永久歯を大切にする治療をします

1 お子様の健康をお母さま方と一緒に考えます

1 口腔の健康に関する情報提供をお伝えします

歯の治療を頑張ってもらうための工夫
歯医者さんに行きたくない(T_T) 治療なんかしなくていい!

どこにでもいるお子さんの主張です。
確かに歯の治療って怖いですよね。
でも怖いからと、そのままにしていたら歯はどんどんボロボロになっていってしまいます。

そんな子どもたちが治療を少しでも楽に受けられるように、
との思いから生まれた歯科診療支援ツールが「スマイルタッチ デンタル」

治療中は写真のように好きなアニメを見てもらいます。
子どもたちの心がアニメの世界にいる間に治療ができれば・・・
というような、そんなひと工夫です。

でも本当に治療を頑張ってくれる子が増えているんですよ!
今日はなに見るの?
また、スマイルタッチ デンタルには治療器具や歯科治療のわかりやすい説明アニメも入っています。
子ども目線でつくられたアニメなので、歯や治療のことをわかるやすく伝えることができ、子どもたちの健康のためにも役立っています。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ

著しく変化する子どもの口腔環境

子どものお口の状態は成長によって次のような著しい変化があります。
無歯顎期 → 乳歯列期 → 混合歯列期 → 永久歯列期

歯並びや咬み合わせも変化するのですが、
ここで大切なことは“永久歯の足がかりとなる役目を担っている”ということです。

しかし、やわらかい乳歯は虫歯になりやすい歯です。
乳歯に虫歯が多数あると、これから生えてくる永久歯にも、虫歯や歯並び・咬み合わせの問題などさまざまな影響が出てきます。
生えたばかりの永久歯も同様です。
まだ表面が完成していない永久歯に虫歯が感染してしまっては目も当てられません。

お子さんの歯を健康に育てていきたいと考えるお母さん方は大勢おられます。
私たちはそのような思いに答えられるよう、乳歯や永久歯、お子さんの成長などを考慮した予防歯科治療をおこなっております。
歯の生え変わり
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ

子どもの歯を守る予防歯科

予防歯科中心の歯医者さんは楽しいところ!

リラックマさんが治療前のドキドキを解決してくれるよ!
歯医者さんは痛い・・・、 歯医者さんは怖い・・・
と思っている子どもたちがいますが、実は大きな勘違い!

小児歯科の最終目標は生涯に渡る健康的な口腔環境の提供です。
そのため、子どもたちの治療は予防歯科が中心になります。
虫歯の予防処置とお口の健康を管理する定期健診を受けていれば“虫歯の早期発見・早期治療”も可能になります。
小さな虫歯の治療や予防処置は痛みとは無縁の治療であり、また大切な歯を傷付けるといったこともありません。

どの治療も、お子さんの様子を見ながら進めていきますので、ご安心ください。
予防歯科中心の歯医者さんは楽しいところ!

歯磨きの説明(TBI) − 歯磨き上手で虫歯予防

お姉さんと仲良く歯磨き練習なぜか二人ともカメラ目線です(笑)
歯磨きは最も大切な虫歯の予防方法です。
でも、つもり磨きはNG!
磨けていないと意味がありません!

歯磨きの説明では、お子さんの歯磨きの欠点を見つけ、それから正しい歯磨きを一緒に練習します。
虫歯が歯をボロボロにすること、歯磨きの大切さなども一緒に学習します。

ご希望の方には年齢や口腔状態に適した口腔ケア用品もお選びしています。
コンパクトヘッド、スリムネック、握りやすいグリップでしっかり磨ける!
乳幼児の仕上げ磨きの説明 − 毎日の仕上げ磨きで歯磨きを習慣化

仕上げ磨きでスキンシップママ歯磨いて~! を習慣化
仕上げ磨きで難しいのは力加減。
唇を無理やり引っ張ったり、歯ぐきに歯ブラシが強くあたると痛がるだけでなく、歯磨き嫌いになってしまいます。

当歯科医院では、お子さんに最適な仕上げ磨きの方法をわかりやすく説明しています。 仕上げ磨きは子育ての大切な要素です。 しっかり磨いて子どもの歯を守ってあげるとともに、歯磨きの習慣を身に付けてあげましょう!

ご希望の方には年齢や口腔状態に適した口腔ケア用品もお選びしています。

歯磨き・仕上げ磨きの基本と注意点

乳歯と永久歯が混在する小児期は歯列や歯の高さが凸凹(でこぼこ)で歯磨きが難しく、歯垢などの汚れが溜まりやすい環境です。虫歯になりやすい、奥歯(臼歯の噛み合わせの溝)・歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目などは、とくに注意して磨くようにしましょう。
仕上げ磨きの場合は、子どものお口の中がよく見えるような状態(ひざ枕など)で磨きましょう。

歯磨き
歯ブラシの毛先を歯面に軽く当てて、
軽い力で小刻みな往復運動でシャカシャカ磨きます。
歯磨き
前歯や奥歯の頬側の面を磨く時は、
人差し指を歯ぐきに軽く当てて、指に沿って歯ブラシを動かします。
歯磨き
歯と歯の境目などは、
歯ブラシのワキ部や先端部、あるいは後端部を上下に細かく動かして磨きます。
歯が凸凹した部分は軽い力で念入りに磨いてください。
歯磨き
奥歯の噛み合わせの面は、
歯ブラシを斜めに入れて毛先を細かく動かして磨きます。
6、7歳で生えてくる永久歯の第1大臼歯(6才臼歯)は生えきるまで期間がかかり、また歯磨きもしにくいので、虫歯にはとくに注意してください。
子どものPMTC − 虫歯から歯を守るお口のクリーニング

PMTCで笑顔と健康を
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は予防歯科の先進国スウェーデンで考案・システム化された専門的なお口のクリーニングです。

歯磨きを毎日していてもお口の中は少しずつ汚れていきます。
この溜まった汚れを定期的に落とすのがPMTCです。
口腔ケアの専門家でもある歯科衛生士が、専用機器や専用器具を用いて、一本一本の歯をていねいにクリーニングします。

ただでさえ歯磨きの難しい子どもの口腔内・・・
PMTCを定期的におこなうことで、虫歯を予防する効果を飛躍的に高めることができます。

院長もスタッフもみんなでPMTC!

PMTCで笑顔と健康を
PMTCはきれいなツルツルの歯になるとても気持ちいい治療!
子どもの喜ぶフレーバーのクリーニングペーストと毛先のやわらかいブラシやゴム製チップを使用するため、痛みを感じずに楽しく受けていただけます。

PMTCは虫歯予防だけでなく、歯周病予防や口臭改善にも効果があり、
子どもにも大人にも有効な予防歯科治療です。

PMTC

フッ素で虫歯予防 − 虫歯に強い歯質づくり

PMTCで笑顔と健康を
乳歯は永久歯に比べて構造的に虫歯になりやすい歯です。
生えたばかりの永久歯(幼若永久歯)もまだ不完全で虫歯になりやすい歯です。

これらの歯は虫歯になると進行が早く、あっと言う間に大きな虫歯になってしまいます。

フッ素塗布法はこのような歯を虫歯から守るためにおこなう予防処置です。
フッ素とは?
フッ素とは?
フッ素(元素記号:F)は海草類や魚類、お茶などにも微量ながらも含まれている元素で、栄養学では少量ながらも必ず摂取しなければならない微量栄養素
とされています。
歯科医院で使うフッ素は正確にはフッ素化合物になります。
過剰摂取は“歯のフッ素症”の原因にもなるため、正しい用法(適切な使用)でフッ素処置が大切です。
フッ素の3つの予防効果
虫歯に強い歯質づくり 歯の表面を強化して虫歯菌の出す酸に負けない歯質にします
歯の再石灰化を促進 唾液に含まれている歯を構成する成分(カルシウムやリンなど)の歯への再付着(再石灰化)を助けます
虫歯菌の活動を低下 虫歯菌が鈍重になり、虫歯の原因である酸の放出量が減少します

シーラント − 虫歯から歯を守るバリア

歯磨きの難しい奥歯(臼歯)は虫歯になりやすい歯です。
しかも奥歯の上面には裂溝と呼ばれる溝があります。この溝のある理由はさまざまですが、ひとつは食べた物を上手にすり潰すためと考えられています。
しかしこの溝が曲者で、食べかすが残りやすく、それが原因で虫歯になることが多々あります。

シーラント
シーラントはこの奥歯の溝を歯科材で埋める治療です。
奥歯の溝の効果はなくなりますが、歯磨きが容易になり虫歯のリスクを軽減することができます。とくに、生えたばかりの奥歯(6歳臼歯:永久歯)の予防処置には有効な治療方法です。
溝を埋める歯科剤はフッ素徐放性を持っており、極めて微量なフッ素が放出し続けるため、虫歯を予防するダブル効果も期待できます。

シーラント治療前・治療後

シーラントは人工的な虫歯の予防処置です。
取れてしまうこともあるため、定期検診時にシーラントのチェックをします。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ

いつも健康!子どもの定期健診

痛くない定期健診なら虫歯予防も楽々!

島田歯科医院は子どもの笑顔が大好きな集団です
定期健診は健康な歯を守り、育てていく治療です。
そして8020(80歳になっても自分の歯を20本残す)を実践するための大切な治療でもあります。

定期健診で虫歯を早期発見できれば必要最小限の治療で済ますことができ、これはMI治療の実践にも繋がります。
歯をいつまでも健康に保つためには、削らないこと・傷付けないことが一番良いからです。

定期健診の積極活用で、
大切なお子様のお口の健康を一緒に守っていきましょう!

定期健診
MI(minimal intervention)とは?
FDI(国際歯科連盟)が提唱した「歯を削る量をできるだけ少なく、かつ治療効果を高め、予防の意識を高めましょう」といった予防歯科の概念。

8020運動(80歳で20本以上の歯を残そう)とは?
歯が多数残っている高齢者の多くは健康的であるという調査結果から、国民の健康長寿を願って厚生労働省や日本歯科医師会らが推進する活動。
参考:8020推進財団
定期健診はこんなに大切
定期健診はこんなに大切
将来の健康を考えると“歯は削らない”に限ります!
定期健診は歯を削るのではなく、将来に向けて歯を残すためにおこなう歯科治療です。

ご家庭での口腔ケアだけではお口の中は徐々に汚れていきます。
虫歯になってしまうこともあるかもしれません。
定期健診によって衛生的な口腔環境を保つことによって、虫歯や歯周病のリスクを大きく軽減することができます。
子どもの定期健診の流れ
定期健診のご予約について
子どもの定期健診の流れ
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
お母さま方へ – 小児歯科に力を入れているからこそお伝えしたいこと
当歯科医院では、
子どもたちの治療で最も大切なことは永久歯の虫歯予防と考えています。

そのため、
乳歯の治療のために“子どもを押さえつける無理やり治療”はしません。

そんなことをして子どもが歯医者さん嫌いになってしまったら・・・
乳歯の治療は成功しても、これから生えてくる永久歯の虫歯予防は失敗してしまいます。
幼少期の“無理やり治療”をトラウマに持つ大人は結構います。
このような方の多くは歯を多数失っていたり、治療痕だらけ、ボロボロのままだったりします。
残念なことに、口腔内が細菌の温床になってしまっている方は意外と多いのです。
現在では虫歯菌や歯周病菌が健康に害を及ぼす
つまり脳卒中や糖尿病などの全身疾患の要因になったり、悪影響を及ぼすこともわかっています。
健康は一朝一夕ではつくれません。
子どもたちの健やかな成長と将来の健康のために、
私たちは歯科医療が全身の健康の一助になると確信し、小児歯科に取り組んでおります。

このようなことから、
なるべく痛みのない治療をすることで、
子どもたちが好きな歯科医院になりたいと考えています。
島田歯科医院ブログ
島田歯科医院ブログ:小児歯科にも歯の治療に関する記事をアップしておりますので、ぜひご覧ください。
子どもの治療・小児歯科だけでなく歯科治療全般について相談を受け付けております。
メール予約もご用意しておりますので、お気軽にご利用ください。

メール予約 メール相談
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ