大田区 蒲田駅スグの歯医者さん! 大人の方の治療、子どもの歯並び矯正・歯列育形成(床矯正)、予防歯科など技術で頑張ってます!

歯周病・歯槽膿漏

家族で食事を楽しむのも健康の維持が大切です
最終的に歯を失うことになる恐ろしい病気!
それが歯周病です!

歯が健康であることの喜びは歯を失って初めて気付くものです。
かたい食べ物、やわらかい食べ物など気にすることなく食べられるのは健康な歯があるからこそで、これは色々な味覚も楽しむことができることにも繋がります。
現在では“食事を楽しむこと”は健康長寿、つまり自立した老後を送る上でも大切な要素とされています。

当歯科医院では患者様の将来の健康に重点を置いた歯周治療に取り組んでおります。
歯のグラグラや歯ぐきからの出血、歯ぐきがブヨブヨするなどの症状が見られる方はお気軽にご相談ください。
歯周病自己診断で危険度チェック!
歯周病はSilent Disease(静かなる病気)と形容されるほど初期の段階では自覚症状のない病気です。
歯周病自己診断で危険度の高い方は歯科医院で診てもらいましょう。

歯周病自己診断チェックの結果について
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病と歯周病の症状
永久歯の抜歯原因調査
歯周病は虫歯と同じく、細菌による感染症で歯を支える周囲の組織(歯周組織)が破壊される病気です。

歯周病は歯を失う原因のNo1とされており、
2005年に8020推進財団のおこなった「永久歯の抜歯原因調査」では、歯周病によって歯科医院で抜歯した方が全体の約42%をしめています。

また、厚生労働省が2005年におこなった歯科疾患実態調査では成人の80%以上の方が歯周病にかかっていると報告が上がっています。
軽度の歯周病、重度の歯周病など程度の差はありますが、これからも多くの方が歯周病で歯を失うことになることは間違いありません。

健康のため、大切な歯を将来に向けて残すために、“口腔ケア”をきちんとしていきましょう!

歯周病の原因は“細菌”・“真菌”・“寄生虫”

歯周病の発症リスク
お口の中の微生物は500種類以上と言われています。
歯周病の原因となるのはその中の数十種類、細菌や真菌(カビ)、寄生虫(原虫)などさまざまです。
歯周病菌とはこれらの微生物の便宜的総称です。

また、歯周病の進行(悪化)は歯周病菌だけの問題ではありません。
お口の衛生状態が不衛生であったり、生活習慣(食習慣・体調・飲酒・喫煙など)の乱れが歯周病の進行に影響を及ぼします。

そのため歯周病は生活習慣病に分類される疾患とも言われています。

歯周病菌の温床! バイオフィルム

バイオフィルム
歯の周りに付着しているネバネバした白っぽい塊がバイオフィルムです。
バイオフィルムは無数の微生物や微生物の排泄物や死骸などが強固に繋がりあったコロニーです。
表面に形成された粘膜は免疫細胞や抗菌物質を跳ね返すバリアのような役目をしており、歯周病菌だけでなく虫歯菌にとっても生息しやすい環境になっています。

このバイオフィルムの中で繁殖した歯周病菌の強い毒素によって起こる歯肉の炎症が、歯周病の始まりです。

歯肉溝と歯周ポケット

歯肉溝と歯周ポケット
健康な歯ぐきは
きれいなピンク色で引き締まっています。
歯と歯ぐきの境目の隙間を歯肉溝と言いますが、健康な歯肉溝の深さは2mm弱とされています。

歯周病の歯ぐき
歯周病になると最初に歯肉溝が破壊されます。
歯肉溝に侵入したバイオフィルムによって深さを増して歯周ポケットと呼ばれるようになります。
歯周ポケットは歯周病の状態を診るひとつのバロメーターになっており、重度の歯周炎になると歯周ポケットの深さは10mmに及ぶこともあります。

歯肉炎と歯周炎 − 歯周病の一般的分類

歯周病は歯周組織に起こる病気の総称であり、古くは歯槽膿漏と呼ばれていました。
症状の進行度に応じ、大きく分けて歯肉炎と歯周炎に分けられます。

歯肉炎 歯肉溝に侵入した歯周病菌(バイオフィルム)によって歯ぐきが炎症した状態です。
歯ぐきが丸みを帯びたように赤く腫れており、出血することもありますが、自覚症状はほとんどありません。
健康であった歯肉溝は歯周病菌によって拡大されて歯周ポケットになっていますが、症状はまだ歯ぐきに限局された状態ですから、適切な口腔ケアと歯科医院での処置によって、もとの健康な状態に改善することができます。
歯周炎 歯肉炎がさらに進行すると歯周炎になります。
歯周病菌が歯ぐきの奥まで侵入するため歯周ポケットが拡大し、歯根膜が破壊され歯槽骨の吸収(溶ける)が起こります。
歯ぐきからの出血や排膿、歯ぐきの痛みや口臭などの自覚症状が出始め、さらに進行すると歯ぐきが下がり、歯もグラグラと動くようになります。最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯を守るためには本格的な歯周治療が必要です。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
歯周病と全身疾患の関係
虫歯菌や歯周病菌などの微生物は気道や歯ぐきの毛細血管を通して体内に侵入し、
さまざまな疾患の要因になることがあり問題視されています。
健康な口腔環境を維持することは、これらの疾患を予防するためにも大切なことです。
口腔ケアで歯周病予防! 歯周病と全身疾患の関係
歯周病と全身疾患の関係

糖尿病 糖尿病は血液中の血糖値が異常に高まる病気で、さまざまな合併症をひき起こすき危険性をはらんでいます。
歯周病と糖尿病は互いの治療効果を妨げ合う関係にあるため、医科歯科連携の同時治療が大切です。
誤嚥性肺炎 唾液や飲食物とともに微生物が肺に入ってしまう(誤嚥)ことによって起こる肺炎です。
高齢の方に多いトラブルで充分な注意が必要です。
感染性心内膜炎
(細菌性心内膜炎)
毛細血管より進入した微生物が、心臓の弁や内膜、心筋に感染して起こる疾患です。
虚血性心疾患
(心筋梗塞・狭心症)
血液中に進入した微生物が原因となって、心臓の冠状動脈が損傷し、血栓が形成されることがあります。この血栓によって血流が滞ると心筋梗塞や狭心症の危険性が出てきます。
内臓疾患 血管より進入した微生物が、腎臓や肝臓に感染して起こる疾患です。
糖尿病との合併症が懸念されます。
早産や低体重児出産 歯周病の時に起こる免疫反応が早産を誘発することがあります。
妊産婦の口腔ケアや歯周病予防は極低出生体重児の出生率を下げるとの報告もあります。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
歯肉炎・歯周炎 歯周病の進行
歯肉炎のように歯ぐきの炎症で留まっているうちは治療によって完全な治癒が見込めますが、
歯周炎は歯槽骨の破壊(吸収)が起こっているため、健康な状態に戻すことはできても、
失った歯槽骨を元の状態に戻すことはできませんし、歯ぐきも下がってしまいます。

歯周病の場合、中等度の歯周炎であっても「あれっ? 何か変だなぁ」
といったちょっとした違和感にしか感じられないかもしれません。
しかし、歯周病は確実に進行しています。
重度の歯周炎になる前に、気になる方は歯科医院で診てもらいましょう!
歯肉炎
歯肉炎
歯周ポケットの深さ 3mm以内
歯周病菌の侵入によって歯肉溝にバイオフィルムが形成され、歯周ポケットができています。歯との境目の歯ぐきが炎症を起こして少し赤く腫れていますが、自覚症状はほとんどありません。

バイオフィルム - 細菌のコミュニティ!の歯周病菌の要塞!
多数の細菌の凝集塊(プラーク)と石灰化した細菌の死骸などからなる歯石の塊です。

歯肉炎は歯ぐきに限局された状態で歯根膜や歯槽骨の破壊はありません。
適切な口腔ケアと歯科医院での処置によって、もとの健康な状態に改善することができます。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
歯周ポケットの深さ 3~5mm程度
バイオフィルムが拡大して歯周ポケットが深くなり、歯根深部への歯石付着が始まります。歯ぐきの炎症も大きくなり、出血や排膿など自覚症状も現れ始めます。

歯を支える歯根膜や歯槽骨の破壊はこの頃から始まります。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
歯周ポケットの深さ 4~7mm程度
歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨の破壊が進むと歯はグラつき始めます。歯槽骨の破壊によって歯ぐきは下がり歯根露出が始まります。

ブヨブヨとした歯ぐきからの出血や排膿が頻繁に見られるようになり、口臭もきつくなってきます。
重度歯周炎
重度歯周炎
歯周ポケットの深さ 6mm以上
歯のグラグラが大きくなり、歯根も露出して、痛みから物が噛めなくなってきます。
歯ぐきからの出血や排膿は収まらず、口臭もさらにひどくなります。

歯周病の末期症状で、そのままにしていると自然に抜け落ちてしまいます。
歯を残すことが難しい場合は抜歯が必要になります。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
歯周基本検査
世界でもっとも多くの人がかかっている病気としてギネスにも認定されている歯周病!
自覚症状が表れにくいことが一因かと思いますが、そんなことで“歯を失う”のではたまったものではありません。

当歯科医院では初診時や定期健診時に歯と歯ぐきの健康状態を診る歯周基本検査をおこなっています。

  • 軽い歯肉炎になってますから、日頃の口腔ケアと定期健診は怠らないでくださいね!
  • 歯周炎になってますから、治療で元気な歯ぐきを取り戻しましょう!

患者様にお口の状況をきちんと伝えるとともに、
これからおこなうべき最適な治療方針をできるだけわかりやすくご説明しております。

歯周基本検査 - 健康状態は“かかりつけ医”にお任せください

歯周病で歯を失う方は一般的に30代を過ぎてから増え始めます。
歯や歯ぐきの健康状態を知っておくことは、日頃の口腔ケアにも役立ちます。

CURE1問診
日頃の口腔ケアについて詳しくお聞きします。
歯周病を効果的に予防するために、食事・飲酒・喫煙・持病や日頃のストレスなどについてもお聞きします。

CURE2歯周ポケットの深度測定
歯周ポケット(歯肉溝)の深さは歯周病の進行度を診るもっともわかりやすい指標です。

歯周病ポケットの検査 歯周ポケットの深さによる判定基準

CURE3歯の動揺度検査
歯周病は進行するにつれて歯を支える歯槽骨がなくなる病気のため、歯はグラグラと動くようになっていきます。
このグラつきを診るのが歯の動揺度検査で歯の側面に力を加えて調べます。

歯の動揺度検査 歯の動揺度検査の分類

CURE4レントゲン検査
パノラマ写真で歯列全体を確認
レントゲン写真により歯を支える歯槽骨の状態や歯周組織の炎症状態を把握することができます。
歯列全体の感染状況はパノラマ写真、感染部位の詳細はデンタル(1~3歯の写真)を用います。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
歯周治療と内科治療
ほとんどの歯周病は不十分な口腔ケアによるバイオフィルムの拡大によるものです。
そのため、口腔内のバイオフィルムを徹底的に除外して衛生的にする治療が中心になります。

TBI(歯磨き指導) − 正しい歯磨きの習慣化

正しい歯磨きの習慣化
歯周病の改善には予防の基本でもある歯磨きは欠かせません。
しかし、隅々まできちんと磨けていないと意味がないためTBI(歯磨き指導)をおこないます。

TBIでは染め出しによる磨き残しチェックをおこない、歯磨きの癖や欠点を確認します。
その後、患者さんにあった歯磨き方法を説明します。
お口の状態によってはデンタルフロスや歯間ブラシなどの使用方法も説明します。

なぜ歯周病になったのか?
口腔ケアの大切さを伝え、日頃の歯磨きを正しくできるようになることが最も有効な治療方法です。

スケーリング(歯石除去)

歯石はプラーク、つまり細菌の死骸やカルシウムがが石灰化したものです。
歯に強固に付着しており、また歯周ポケット内の歯石は歯磨きでは落とすことができません。
スケーリングは専用器具や専用機器を用いて歯石をきれいに除去する治療です。
歯周病の治療としてだけではなく、健康な状態を維持するためにも定期健診時におこなうことが大切です。

ルートプレーニング(歯根面クリーニング)

ルートプレーニングは歯根表面に付着した歯周病菌に侵されたセメント質や象牙質をきれいに除去し、バイオフィルムの再付着を防ぐために歯根面を滑らか(滑沢)な状態にする治療です。
通常はスケーリングと併せておこないます。
ルートプレーニング(歯根面クリーニング)

抗菌薬(ジスロマック)による歯周病治療

急性や重度の歯周病への“抗菌薬(ジスロマック)”による内科的歯周治療は非常に有効な治療手段です。

しかし、抗菌薬投与への期待は歯周病の一時的な症状の緩和です。
治療の負担が軽くなるため、スケーリングやルートプレーニングなどの治療もスムースにおこなえるようになります。

内服薬−ジスロマック
■ 内服薬−ジスロマック
1日に1回2錠を3日間服用します。
歯周病嫌気性細菌に対して強い抗菌力を発揮する抗生物質で、細菌の蛋白質の合成を阻害して増殖を抑えます(静菌作用)。

この薬が備えている食細胞を利用したドラック・デリバリー・システム(ファゴサイトデリバリー)により、成分が感染局所に集中して留まり、長期的に強い抗菌力を発揮します。

暫間固定 - 歯周病応急処置

歯周病で歯がグラグラのままだと普段の生活に支障をきたしてしまいます。
歯にとっても良いものではありませんし、大切な歯が抜け落ちてしまうことも考えられます。

このような場合、隣接する歯に固定する応急処置(暫間固定)により、咬合圧を分散し、グラグラした歯への負担を軽減します。

当歯科医院でおこなっているその他の歯周基本治療

不良修復物の除去・修復 保存できない歯の抜歯
咬合機能の改善処置 知覚過敏の治療
悪癖の改善(歯ぎしりなど) 応急処置

  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
島田歯科医院ブログ
島田歯科医院ブログにも歯周病に関する記事があります。
ぜひご覧ください。
歯周病・歯槽膿漏だけでなく歯科治療全般について相談を受け付けております。
メール予約もご用意しておりますので、お気軽にご利用ください。

メール予約 メール相談
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ