大田区 蒲田駅スグの歯医者さん! あまり削らない虫歯治療、歯にやさしい虫歯治療、痛みの少ない虫歯の治療をしています!

虫歯

当歯科医院では患者様の将来的な健康に重点を置いた治療をおこなっております。
そのため、できるだけ痛みの少ない治療、できるだけ歯を削らないMI治療に取り組み、患者様がお口の健康管理のために通える歯科医院を目指しております。


歯に痛みを感じる方、虫歯かもしれない?
など心当たりのある方はできるだけ早く当院にご相談ください。
虫歯の症状と虫歯の治療
虫歯が象牙質まで達すると痛みや違和感を感じるようになります。
多くの方が虫歯に気付くのはこの時なのですが、この時にはどんな治療も歯を削らなければなりません。

歯を削る治療が必要になるのは、これからご案内する虫歯の症状ではC2以上の虫歯になります。
C0やC1レベルの初期虫歯であれば歯を削らずに治すことができます。
大切な歯を健康に保つには、虫歯や歯周病にならないことはもちろんですが、たとえなっても早期発見・早期治療さえできれば歯は健康に保つことができます。
当歯科医院では「歯を健康に保つための定期健診」もおこなっておりますので、ぜひご利用ください。

CO : 初期の虫歯

初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が白く濁り、透明感が失われた状態で、歯科医院でないと発見できない虫歯です。痛みもまったくありません。

■ 歯科医院での治療
歯を削ることがないため、麻酔の必要もなく、痛みのない治療が可能です。
歯の再生(再石灰化)を促して自然治癒を目指す治療になり、患者様にあった歯の磨き方の説明および歯質を強化するフッ素塗布をおこないます。
患者様にはご家庭での正しい口腔ケアを身に付けていただきます。
その後の経過観察(定期健診)で問題がなければ治療終了です。
TBI(歯磨き指導) PMTC(専門的クリーニング)
フッ化物歯面塗布法

C1 : エナメル質の虫歯

エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始めた虫歯で、COの虫歯と同様に歯科医院でないと発見できない虫歯です。痛みもまったくありません。

痛みを感じない虫歯のため、ご自身での発見はできませんが、この段階での虫歯治療であれば歯を削らない治療が可能です。
■ 歯科医院での治療
COの初期虫歯と同じ治療をおこないますが、エナメル質が溶け始めているため経過観察はしっかりおこなう必要があります。 虫歯が進行する可能性の高い場合は歯を少し削ることもあります。
TBI(歯磨き指導) PMTC(専門的クリーニング)
フッ化物歯面塗布法

C2 : 象牙質の虫歯

象牙質の虫歯
象牙質まで進行した虫歯です。
歯髄(神経)に近づくにつれて歯のしみや痛みを感じるようになります。
象牙質はエナメル質より柔らかく虫歯の進行が早いため、歯を大きく削ることにならないためにも、早急な治療が大切です。
■ 歯科医院での治療
虫歯に侵された象牙質を除去し、つめ物をします。
一般的にはレジン(プラスチック材)を詰める治療になります。
比較的大きな奥歯の虫歯は金属を詰める場合もありますが、ハイブリッドセラミックなど歯と同じ色の材質を詰めることもできます。2~3回の治療が必要です。
コンポジットレジン充填法 ダイレクトボンディング法
インレー修復法(つめ物:補綴治療)

C3 : 歯の神経(歯髄)まで侵された虫歯

歯の神経(歯髄)まで侵された虫歯
歯の神経に達した虫歯で大きな穴が開いた状態です。すでに歯の神経は死に、炎症(歯髄炎)している場合はズキズキと激しい痛みがあります。
■ 歯科医院での治療
歯の神経を除去(根管治療)し、虫歯に侵された象牙質の除去をきちんとすることで、歯を助けることができます。つめ物やかぶせ物をして治療終了です。
ダイレクトボンディング法 歯内療法(根管治療)
クラウン修復法(かぶせ物)

C4 : 末期の虫歯

末期の虫歯
虫歯によって歯冠部(歯の頭の部分)が溶け、歯根のみが残った状態です。
既に歯の神経(歯髄)は死に絶え痛みはありませんが、無数の虫歯菌の住み家になっています。
歯根先端部に膿胞(袋状の膿)ができると、歯を残すことも困難になり抜歯することもあるため早急な治療が必要です。
■ 歯科医院での治療
歯根を生かせる場合はC3と同じ治療になります。抜歯した場合は両側の歯を支えにブリッジをおこないます。2本以上歯がない場合は部分入れ歯になります。

歯内療法(根管治療) クラウン修復法(かぶせ物)
義歯・入れ歯 インプラント治療
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
虫歯の処置と修復処置
虫歯の治療で削った歯は人工的に元の形状に戻す必要があります。 歯の形態や削った量に応じて様々な修復方法があり、正常な口腔機能の復旧に重点を置いた保険診療と、口腔機能と見た目(審美性)の両面を追求する自費診療があります。

また、症状の軽い虫歯は予防処置で治すこともできます。ご自宅での口腔ケアも重要なポイントになりますが、症状の進行を抑え再石灰化を促すことができれば歯を削ることなく治すことができます。
歯みがきは150~200gの 軽い力で小刻みに
歯磨きは虫歯を予防する最も大切な方法であり、また軽度な虫歯を治す手段でもあります。
そのため歯の隅々まできちんと磨けていないと意味がありません。
TBIでは染め出しによる磨き残しチェックをおこない、患者様に合った正しい歯磨き方法を説明します。

ご自宅での効果的な口腔ケアができれば、虫歯を削らずに治すことができるかもしれません。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は予防歯科の先進国スウェーデンでシステム化された歯科医院でおこなう専門的な歯のクリーニングです。
口腔内を徹底的にきれいにすることで、虫歯菌の温床であるバイオフィルム(歯垢や歯石)を除去します。

唾液は虫歯に溶かされたエナメル質を修復する力を持っています。
PMTCをTBIやフッ化物歯面塗布法と併せておこなうことで、口腔内を衛生的にして自然治癒力を高め、症状の軽い虫歯の自然治癒を目指します。
フッ素が歯列全体に行き渡るトレー法
フッ素には歯の再石灰化を促したり、虫歯菌の活動を低下させる働きがあります。

小さな虫歯の場合は、PMTC(歯のクリーニング)をしてから、歯面にフッ素を塗布し、経過観察をおこないます。
TBI(歯磨き指導)も同時におこない、ご自宅での口腔ケアに努めていただくことで虫歯を治すことができれば“歯を削る”必要はありません。
歯にやさしく、痛みの少ないMI虫歯治療
従来の治療では、虫歯が歯髄(歯の神経)に達している場合、病巣(虫歯)を無菌状態にするために広範囲に歯を削り、神経を除去する必要があります。しかし歯髄を除去すると、その歯は栄養補給路の絶たれた「失活歯」になってしまいます。つまり死んだ歯で、折れたり割れやすくなってしまいます。

当院では“患者様の大切な歯を安易に傷つけたくない”といった思いから、歯をあまり削らない・歯にやさしい治療(MI治療)も積極的に取り入れております。
患者様のお口の状態に併せてご提案する治療になりますが、順調に治療できれば、大切な歯の神経を除去せずに治療することも可能です。

■ 当院の歯にやさしい虫歯の治療例
歯と歯の間にできた大きな虫歯で、本来であれば神経を除去する治療が必要です。
診断の結果、従来からの歯を削る治療よりも当院のMI治療が適切と考えおこなうことにしました。

3Dリテーナー
最後の修復処置は白いつめ物(レジンインレー)です。
今回は奥歯(臼歯)の隣接面(歯と歯の間)の虫歯のため3Dリテーナーを使いました。3Dリテーナーは白いつめ物を歯の形体にきれいに成形する補助器具で、自然な曲面の歯に仕上げることができます。

歯を少し削りましたが、麻酔をせず“歯を残す治療”ができました。今後このようなことがないよう、歯の大切さについてもきちんと説明することができました。

虫歯治療例治療前と治療後
光照射によって硬化する性質(光重合)を持つ軟性レジン(プラスチック材)を塗り固めながら歯の形態を修復(積層法)する治療です。インレー(修復物を詰める治療)に比べ短期間で治療を終えることができます。
保険適用対応の軟性レジン材を使用することで安価に治療できますが、治療工程もシンプルになり、次にご案内するコンポジットレジン充填法と比べると、修復した歯の色調や形態などが若干落ちます。

しかし、治療費が安価であることは大きな魅力です。応用範囲も広く、欠けた歯の修復や盛り足しによるすきっ歯の改善などさまざまな用途で用いることもできます。

虫歯(2次う蝕)になって詰めていた金属がとれた歯をコンポジットレジン充填法で治療
金属の詰め物の下が虫歯になって取れてしまったようです。
このような治療した歯と詰め物やかぶせ物の境目は虫歯になりやすく、治療をていねいにすることはもちろん、治療後の口腔ケアが大切です。

実際に施した治療
歯を削った部分(窩洞)の深くて細かいところには、なめらかに流れこみ馴染みやすいナノレベル(百万分の1mm)の粒子の特殊なレジンを詰めました。その後、重合収縮率が低い(硬化時の歪の出にくい)と評価されているコンポジットレジン充填材で修復しました。
必要最小限の侵襲(歯を極力傷付けない)によるMI虫歯治療が完了です。

患者さんには、金属の詰め物でなくなったこと、目立たない白い歯になったことを喜んでいただきました。
コンポジットレジン充填法
口中の金属は年月が経つとイオン化して溶け出し金属アレルギーの原因になることがあります。免疫力の低下による老化や発癌性も懸念されています。コンポジットレジン充填法はこのような金属の問題点も解消してくれます。
■ コンポジットレジン充填法のメリット
  • インレー(つめ物)に比べ歯を削る量が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯型を採る必要がない
  • 欠けた歯の修復など応用範囲が広い
  • 技術を持っていれば修復が容易
  • 保険適用でき治療費が安価
  • 周囲の歯にある程度色合いをあわせることができる
  • 治療期間が短い
■ コンポジットレジン充填法のデメリット
  • プラスチック材のため数年で変色する
  • 欠けたり割れたりすることがある
  • 強度が弱く適用場所が限られる
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
光照射によって硬化する性質(光重合)を持つ軟性レジン(プラスチック材)を塗り固めながら歯の形態を修復(積層 コンポジットレジン充填法と同じような治療ですが、修復材料が軟性レジンにセラミックスを含んだハイブリッド樹脂材であったり、フッ化物を含有した虫歯予防効果を持つ材料であったりします。
周囲の歯の色調に合わせるだけでなく、歯本来の透明感まで再現でき、見た目をより美しく仕上げることができます。

応用範囲もさまざまで、前歯など目立つ部分にお勧めの治療方法です。

詰め物の金属の周囲が虫歯(2次う蝕)になったのでダイレクトボンディング法で治療
金属の詰め物(アマルガム)の周りが虫歯になっていたので、詰め物を取ったところ中まで虫歯に侵されています。歯を生かすためには治療が必要です。患者さんには治療方法として、自費診療のハイブリッドセラミックインレー(詰め物)か保険診療によるダイレクトボンディング法があることを説明しました。
その結果、患者さんが希望された「保険診療によるダイレクトボンディング法」で治療することになりました。
コンポジットレジン充填法とダイレクトボンディング法は術式がほとんど同じで、主材料もレジン(樹脂プラスチック)です。そのため、どちらの治療も保険診療の範囲でおこなっております。
ダイレクトボンディング法
口中の金属は年月が経つとイオン化して溶け出し金属アレルギーの原因になることがあります。免疫力の低下による老化や発癌性も懸念されています。コンポジットレジン充填法はこのような金属の問題点も解消してくれます。

患者さんには、金属の詰め物でなくなったこと、目立たない白い歯になったことを喜んでいただきました。
■ ダイレクトボンディング法のメリット
  • インレー(つめ物)に比べ歯を削る量が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯型を採る必要がない
  • 欠けた歯の修復など応用範囲が広い
  • 技術を持っていれば修復が容易
  • 保険適用でき治療費が安価
  • 周囲の歯にある程度色合いをあわせることができる
  • 治療期間が短い
■ ダイレクトボンディング法のデメリット
  • プラスチック材のため数年で変色する
  • 欠けたり割れたりすることがある
  • 強度が弱く適用場所が限られる
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
インレー修復法
採取した歯型から製作した修復物を詰めて治す治療です。
奥歯などの歯と歯の間にできた虫歯の治療などに比較的多く用いる治療方法です。

修復物には部位や目的、希望などにより、ハイブリッドセラミックス。ゴールドがあります。

C2レベルの虫歯の治療例
C2レベルの虫歯の治療例
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
クラウン修復法
クラウンは歯を大きく削った場合にかぶせる修復物です。
歯根部が土台として使えるのであればどの歯にでも適用できます。

前歯の場合はレジン(プラスチック)前装冠・メタルボンド・オールセラミック、奥歯の場合は金銀パラジウム合金・ゴールド・メタルボンド・オールセラミックスなどがあります。
修復物の材質は患者様の目的や希望によって決まります。

根管治療が必要な歯冠が崩壊したC4レベルの虫歯の治療例
根管治療が必要な歯冠が崩壊したC4レベルの虫歯の治療例
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
小臼歯を白くて丈夫な保険適用のかぶせ物(クラウン)に!

ハイブリッドレジンCAD/CAM冠となる修復材
お口の中の小臼歯は上下左右あわせて計8本。
現在はこの8本の小臼歯のみハイブリッドレジンCAD/CAM冠として保険適用が認められています。

ハイブリッドレジンはセラミックスとレジン(プラスチック)の複合材です。セラミックスの硬さとレジンの軟らかさ・しなやかさが融合された複合材で、その弾性から自然歯のような噛み心地を再現できます。

当院のハイブリッドレジンCAD/CAM冠は(株)松風の製品です。

自然歯のような見た目を再現するためにエナメル質と象牙質の色調の2層構造となっており、よりキレイに仕上がることも嬉しいところです。

ハイブリッドセラミックスクラウンの構造と治療例
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
インプラント治療
インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込んで土台とし、天然歯に近い性質を持つセラミックス製の人工歯を取り付ける治療です。

チタン製のイプラントは生体親和性に優れており、骨と強固に結合する性質(オッセオインテグレーション)を持っています。
インプラントが安定すると、以前の歯と同じような噛み心地や咬合力を再現できます。
当歯科医院では、歯を残すための治療に力を入れており、できるだけ歯を抜かない治療を目指しております。どうしても抜歯が必要な患者様には、ブリッジ・入れ歯・インプラントについて詳しくご説明しております。 その上で、インプラント治療をご希望の患者様には信頼できる日本口腔インプラント学会に所属する専門医をご紹介しております。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
歯の構造
歯髄は神経や血管の集まりで歯髄腔に収まっており、歯への栄養補給や歯の痛みを脳に伝える役割を担っています。

この歯髄(歯の神経)が虫歯に侵されると“歯髄炎”となりズキンズキンと激しい痛みを感じることになるのですが、歯髄が死んでしまうのは時間の問題です。

そして、虫歯による歯の破壊を防ぐため、歯を残すためには、虫歯菌に侵された歯髄をすべて取り除く治療が必要になります。
それが、歯を残すための最終手段”根管治療”です。

根管治療をした歯はどうなるの? − 生活歯と失活歯

生活歯の断面図
失活歯の断面図
根管治療をして歯髄(歯の神経)のなくなった歯を失活歯と言います。
失活歯には栄養補給がなく、また神経も通っていないため痛みも感じません。

それでも歯を残せたこと、義歯やインプラントを回避できたことは良いことだと思います。
歯髄はなくとも虫歯などの病気の可能性は残るため、残せた歯をしっかりとケアしていくことが大切です。

歯の将来を左右する根管治療
根管治療は歯の中の歯髄腔を完全に無菌化する治療です。狭いどころか目視すらできません。
その後の歯の寿命を左右する歯科医師の技量が問われる非常に難しい治療で、経験や技術、レントゲンなどの設備を屈指して慎重におこなう必要があります。

根管治療はどの歯科医院でもおこなう治療ですが、治療が不完全だと根尖性歯周炎の原因になることもあります。歯の治療を何度もおこなうことは、その歯にとって良いことは何ひとつありません。
当歯科医院では安心してより良い根管治療、歯を長生きさせるための根管治療に望んでいただける環境を整えております。

根管治療の必要な歯周組織の炎症

歯髄炎 進行した虫歯によって、歯の内部の歯髄が侵され炎症を起こした状態です。

自発痛(何もしなくても痛い)や拍動痛(ズッキンズッキン)がひどいのは歯の神経が刺激されているためです。
根尖性歯周炎 過去に根管治療をした失活歯の根元に起こる炎症です。

何らかの原因で歯髄腔が完全に無菌化されていなかったり、根菅充填(治療時の歯髄腔の完全密封)が不適切な場合などに起こります。

根管治療後、数ヶ月から数年かけて自覚症状のないまま徐々に悪化することが多く、発症した時には耐え難い痛みが出ることもあります。

根管治療の治療手順 — 臼歯の治療例

歯髄炎(臼歯の虫歯)

歯髄が炎症した虫歯(C3)や歯冠部の崩壊した虫歯(C4)は、歯そのものを生かすために歯髄をすべて取り除く根管治療が必要になります。
歯髄が生きているうちは激しい痛みがあります。
根尖性歯周炎(臼歯)

過去に根管治療をした失活歯に起こる歯根先端部の炎症。
耐え難い痛みに悩ませることもあります。

根管治療開始
細菌感染した組織の除去
細菌に侵された歯髄や象牙質などの組織をすべて除去します。

少しでも感染組織が残っていると根尖性歯周炎などの原因になるため、徹底した除去が重要です。

無菌化できるまで1と2を繰り返します
無菌化の判断はレントゲン写真などによりおこないます。
通常2~3回の通院が必要になりますが、状態によってはさらに通院が必要な場合もあります。
細菌感染した組織の除去
感染根管の殺菌・無菌化−細菌を根こそぎ退治
根管治療中は次回の診療まで細菌を滅菌する薬剤を詰めます。

根管内が無菌化されたら次の段階に進みます。
状態によってはこの段階で2~3ヶ月様子を見ることもあります。
感染根管の殺菌・無菌化
根管充填−細菌が入らないように完全密封
根管内が無菌化できたら根管充填をします。

根管充填は歯髄腔を完全に密封する処置で、細菌の進入を阻み再発を防止する大切な処置です。
根管充填
支台形成−人工歯の土台づくり
かぶせ物(クラウン)の土台となる芯を立て、かぶせ物と土台がぴったり合わさるように形成します。

ファイバーポスト・レジンコア
右図はしなやかな弾性を持つグラスファイバー&レジンの土台です。金属アレルギーの心配がなく、土台となる歯が割れにくいといった利点を持ちます。
根管充填
補綴治療−人工歯で形態および機能を修復
かぶせ物を接着して、歯の形態や咬み合わせなどの機能の調整をして治療終了です。
補綴治療
根管治療は神経が侵されてしまった歯を残すための最終手段です。
健康な生活、充実した食生活を続けるためには、虫歯を予防すること!
つまり、ご自宅での口腔ケアや歯科医院での定期健診が大切です。

当歯科医院では患者様の健康維持を願って予防歯科に積極的に取り組んでおります。ぜひご活用ください。
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ
島田歯科医院ブログ
島田歯科医院ブログにも歯科治療に関する記事があります。
ぜひご覧ください。
虫歯の治療だけでなく歯科治療全般について相談を受け付けております。
メール予約もご用意しておりますので、お気軽にご利用ください。

メール予約 メール相談
  • HOMEへ戻る
  • このページのトップへ